東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

気になる食品添加物、どこまで許容できますか まずはリテラシーを高めよう!

瀬野由香  
 子どもたちの味覚を育てるために、なるべくなら食品添加物の少ない素材そのものの味を伝えたい、と考える保護者は多いのではないでしょうか。とはいえ、身近な食品の多くに添加物が使われている今、まずはきちんと知識を持って商品を選んでいくことが欠かせません。子育て世帯で特に気になる添加物の基礎知識や、付き合い方のポイントについて取材しました。

「指定添加物」は455点 毎年増え続けています

 食品添加物は、保存料や甘味料、着色料などとして、食品の製造、加工過程で使われるもので、厚生労働省が安全性を確認したものだけが使用を認められています。化学的合成品だけでなく、天然グリセリンや天然炭酸カルシウムなどの天然物も含まれます。こうした「指定添加物」は2018年7月時点で455点あり、申請ごとに審査するため、毎年増え続けています。このほか、長年広く使用されている365品目は、例外的に「既存添加物」に分類されています。

 手軽に食べられる加工食品や調理済み食品の需要が増える中、添加物を使うことで、製造コストが抑えられたり、消費期限を長くしたりすることができ、消費者は安く、バラエティーに富んだ食品を手にすることができるようになっています。

食品表示では何が入っているか全ては分からない

 一方、消費者として添加物の使用を把握できない構造もあります。食の安全などに関する情報発信に取り組むNPO法人コミュニティスクール・まちデザイン理事長の近藤恵津子さんは、「食品の表示だけでは何が入っているか全部は分からないことに注意が必要」と指摘します。例えばコンビニおにぎりの食品表示にあるpH調整剤、乳化剤などは、それぞれ複数の添加物がまとめて表記されているほか、ご飯には「植物油脂」が加えられています。「等級の低い米を使う際に、つやを出したり、ぱさつきを防止するほか、製造の際に容器の抜けをよくするためですが、ごはんの部分をまとめて『塩飯』などと表記することができるため、原材料を表記する欄には書かれていないのです」と教えてくれました。

基準の厳しい国では禁止されているものもある

 また、食品添加物の安全性は単品で使うことを想定しており、複数を同時に使った場合の安全性までは確認していません。指定添加物には、過酸化水素、デヒドロ酢酸ナトリウム、タール系色素(赤色2号、黄色5号、緑色3号など)など、基準の厳しい国では禁止されている添加物も入っています。近藤さんは「子どもに与える食べ物を選ぶ際にはそうした知識を持っていることも大事」と話しています。

 現代では多くの食品に添加物が使われているため、近藤さんは「気をつけたいけれど、考えるのが面倒」という保護者の声も聞くと言います。「消費者のニーズに合った商品を作るために添加物が使用されていることもあることを知った上で、わが家ではどこまで許容するか、スタンスを決めてみては」とアドバイス。「特に、味覚の発達途中にある子どもたちは、素材そのもののおいしさを味わうことが大切。添加物について正しい知識を持ち、食生活に生かしてほしい」と話しています。

知らなかった!身近な食品に使われる添加物 講座に参加して感じたこと

 4歳と8歳の2人の子育て中の記者も添加物に関心がある保護者の一人。東京都内で開かれた、添加物など子どもを取り巻く食について考える近藤さんの講座に参加してみました。

 近藤さんは保護者たちが関心を持てるよう、添加物を用いた実験を交えて解説してくれました。まず取り出したのは、白い粉末が入った何種類かの小瓶です。タンパク加水分解物、グルタミン酸ナトリウム、リボヌクレオチドナトリウムの粉が入っています。これらを食塩とともにカップに入れ、お湯を注ぐといい香りがしてきました。口に含むと、市販のお吸い物の味です。

容器に入った食品添加物の数々。白い粉末はラベルがなければ見分けがつかない

 コンビニで購入したおにぎりを使った実験では、コンビニおにぎりと近藤さんが自宅で作ったおにぎりの米部分のみを水の入ったコップに入れてかき混ぜました。すると、コンビニのものは水面に油のようなものが浮きました。食品表示には出てこない植物油脂が使われていることが、目で見て確認できました。近藤さんは「コンビニ以外の市販のおにぎりでも試してみて」と話していました。

左側がコンビニおにぎり、右側が自家製おにぎり。コンビニおにぎりの方は油が浮き、下の米が見えない

 市販の加工食品の多くに食品添加物が使われていることは知っていましたが、実際に実験を見て、知らずに食べているものの多さに気付かされました。

 添加物はなるべく避けたいと思いつつ、共働きで子育てしながらの毎日の食事づくりは大変で、加工食品に頼る時もあります。無理せず、安全に、おいしく、子どもと食卓を囲んでいくためにどういう選択をしたら良いのか。食材選びなどで信頼できる地元のお総菜屋さんなども活用しつつ、加工食品をどこまで使うかなど、自分なりに判断していく必要があると感じました。

すくすくボイス

添加物のことで気になることはありますか

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    安くて長期保存ができてという価値観から添加物が必要になってきたのだと思います。消費者側の意識を変えなければ、添加物は減らない気がします。食べ物で身体は作られています。食品に対する知識を持ち、パッケージの表面だけでなく裏面を見るべきでしょう。

  • 匿名 より:

    パンに含まれる、又はケーキに、ショート二ング禁止にしてほしい。

  • 匿名 より:

    酸味料が多くの食品に使われていますが害はどんなものか知りたいです

  • 匿名 より:

    食品添加物はどんなものでも気になりますが、特に子供の好きそうなお菓子類は添加物が多いように思います。無添加にして欲しいものです。
    安ければいい、という消費者も変わらなければなりませんが、人が口にするものですから作る側も儲け第一ではなく、安全第一で考えて欲しい。国は添加物を増やすのではなく、減らす方向へ施策すべきです。癌が多いのは食品添加物の複合摂取も一因かと思われます。

  • 匿名 より:

    添加物を気にすべき科学的根拠はあるのでしょうか?

  • 匿名 より:

    ペットボトルの飲み物でも、よくビタミンCとあります。それだけ聞いたら良さそうですが、危険性はないのか気になります。