「三角食べ」は本当にいいことなの?「ばっかり食べ」はダメ? 管理栄養士に聞いてみた

(2018年11月10日付 東京新聞朝刊)
 「小学生の息子の食事はいつも『ばっかり食べ』。食べ残しやマナー違反が心配です。今のうちにやめさせるべきでしょうか?」という保護者からの質問が届きました。食べ方について取材しました。


関連記事子どもの食べ残しを減らすには?「給食日本一」のカリスマ栄養士に聞きました


1970年代に一部地域で推奨 40代記者も習慣に

 最初におかず、次に汁物という具合に1品ずつ順に食べ切るのが「ばっかり食べ」。一方、おかず、ごはん、汁物、牛乳などの飲み物を一口ずつ行ったり来たりするのが「三角食べ」と呼ばれます。

 三角食べは1970年代ごろから一部地域の学校で推奨されたといわれます。給食行政に詳しい専門家は「『完食させたい』という学校現場のニーズから出た指導では」と推測します。ちなみに東海地方出身の記者(40代)は小学校で三角食べを指導され、今もその習慣が抜けません。

 文部科学省が2007年に発行した「食に関する指導の手引」には、「主食とおかずは交互に食べる」の記載がみられます。では、ばっかり食べは良くないのでしょうか?

専門家は「どちらにもメリットとデメリット」

 「どちらにもメリット、デメリットがある」と話すのは、管理栄養士の成田崇信さん。

 三角食べの長所は、並行して食べ進むため、残しても比較的栄養バランスがとれること。また硬さが異なるものを混ぜて食べるとかむ回数が増え、肥満防止に役立ちます。ただ、混ざると味が薄まるため味付けが濃くなりがち。また食材が混ざるのを嫌う子は食事が苦痛になる、という短所も指摘します。

 ばっかり食べも、懐石料理のように、一つ一つの食材の味を楽しめる利点はあるものの、嫌いなものや後回しにしたものの食べ残しにつながる欠点も。

 近年、学校での三角食べ指導は「行きすぎた管理教育」などと批判され、衰退気味。成田さんも「食べ方に正解や優劣はない。子どもの成長に必要な栄養をとれていれば、どちらも問題ない」と指摘します。「ご飯と一緒に食べておいしい献立もあれば、単品で味わうものもある。決め付けず、料理に合った食べ方を勧めるのも良いと思います」

コメント

  • 「そういう食べ方"も"あるよ」というだけで、良いとかダメとか言われて強制・強要されるものではないし、子どもたちにはもっと自由にのびのび美味しく食べてもらいたいですよね。 食欲や胃袋・胃腸などの体
    ひらぴー --- --- 
  • 胃の中にパフェの逆順で積めばよいので、ばっかり食べでよいのではないでしょうか? 食事の積載効率を荒らすことがどれだけなのかはわかりませんが、虐待になっていないかの範囲は知りたいものです。給食時に
    YAO --- ---