東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

「三角食べ」は本当にいいことなの?「ばっかり食べ」はダメ? 管理栄養士に聞いてみた

(2018年11月10日付 東京新聞朝刊)
 「小学生の息子の食事はいつも『ばっかり食べ』。食べ残しやマナー違反が心配です。今のうちにやめさせるべきでしょうか?」という保護者からの質問が届きました。食べ方について取材しました。

1970年代に一部地域で推奨 40代記者も習慣に

 最初におかず、次に汁物という具合に1品ずつ順に食べ切るのが「ばっかり食べ」。一方、おかず、ごはん、汁物、牛乳などの飲み物を一口ずつ行ったり来たりするのが「三角食べ」と呼ばれます。

図解 三角食べとばっかり食べ

 三角食べは1970年代ごろから一部地域の学校で推奨されたといわれます。給食行政に詳しい専門家は「『完食させたい』という学校現場のニーズから出た指導では」と推測します。ちなみに東海地方出身の記者(40代)は小学校で三角食べを指導され、今もその習慣が抜けません。

 文部科学省が2007年に発行した「食に関する指導の手引」には、「主食とおかずは交互に食べる」の記載がみられます。では、ばっかり食べは良くないのでしょうか?

専門家は「どちらにもメリットとデメリット」

 「どちらにもメリット、デメリットがある」と話すのは、管理栄養士の成田崇信さん。

 三角食べの長所は、並行して食べ進むため、残しても比較的栄養バランスがとれること。また硬さが異なるものを混ぜて食べるとかむ回数が増え、肥満防止に役立ちます。ただ、混ざると味が薄まるため味付けが濃くなりがち。また食材が混ざるのを嫌う子は食事が苦痛になる、という短所も指摘します。

 ばっかり食べも、懐石料理のように、一つ一つの食材の味を楽しめる利点はあるものの、嫌いなものや後回しにしたものの食べ残しにつながる欠点も。

 近年、学校での三角食べ指導は「行きすぎた管理教育」などと批判され、衰退気味。成田さんも「食べ方に正解や優劣はない。子どもの成長に必要な栄養をとれていれば、どちらも問題ない」と指摘します。「ご飯と一緒に食べておいしい献立もあれば、単品で味わうものもある。決め付けず、料理に合った食べ方を勧めるのも良いと思います」

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    ばっかり食べタイプですが、お吸い物、揚げ物、酢の物など一口ずつ順番に食べるところを想像すると、美味しくいただけない気がします。やはり、はじめに酢の物やおひたしなどをいただき、主菜や汁物をいただく段階でお米に手を付けたい、というのが、味覚的にも自然な食べ方に思います。もちろん、順繰りに食べる方もいても、それはそれで自然な感覚があるとは思いますが。
    私としては、家庭など、自分の量にあっていて極端に苦手な食材が含まれない食事が提供されたときは、食べ残ししないのが大前提と思っていましたので、食べ残しというものを前提とした仕組みにそもそも強い疑問があります。食べる順番うんぬんより、バランス良く自分に合った量を食べる、という大前提を守るようにするのが一番ではないでしょうか。

  • 匿名 より:

    最近の給食にはおやつのような菓子パンが出ることが多いと聞きます。そんなパンで、三角食べは厳しいと感じます。そもそも、なんで菓子パンが給食にでるのでしょうね。ちょっと論点がずれましたが。

  • 匿名 より:

    学校の指導にはきっちりとした理由がないものが多々ある。ひいては日本全体に、理由のあまりはっきりしないのに「決まり事」がある。いかなる決め事にもきちんと説明があるのが当たり前になって欲しい。また、決まり事が本当に必要なのかを疑問に思う力を身に着けて欲しい。

  • 匿名 より:

    肥満の37才です。正しい食べ方というものがあるのかと思い読んでみたところ、教育方針の話で肩透かしを食らった感があります。

  • 匿名 より:

    栄養士側からあえて3角食べを指導しませんが、担任の先生方に、根強い人気があるようです。
    口中調味ができるようには、なってほしいです。