「三角食べ」は本当にいいことなの?「ばっかり食べ」はダメ? 管理栄養士に聞いてみた

(2018年11月10日付 東京新聞朝刊)
 「小学生の息子の食事はいつも『ばっかり食べ』。食べ残しやマナー違反が心配です。今のうちにやめさせるべきでしょうか?」という保護者からの質問が届きました。食べ方について取材しました。

図解 三角食べとばっかり食べ


関連記事子どもの食べ残しを減らすには?「給食日本一」のカリスマ栄養士に聞きました


1970年代に一部地域で推奨 40代記者も習慣に

 最初におかず、次に汁物という具合に1品ずつ順に食べ切るのが「ばっかり食べ」。一方、おかず、ごはん、汁物、牛乳などの飲み物を一口ずつ行ったり来たりするのが「三角食べ」と呼ばれます。

 三角食べは1970年代ごろから一部地域の学校で推奨されたといわれます。給食行政に詳しい専門家は「『完食させたい』という学校現場のニーズから出た指導では」と推測します。ちなみに東海地方出身の記者(40代)は小学校で三角食べを指導され、今もその習慣が抜けません。

 文部科学省が2007年に発行した「食に関する指導の手引」には、「主食とおかずは交互に食べる」の記載がみられます。では、ばっかり食べは良くないのでしょうか?

専門家は「どちらにもメリットとデメリット」

 「どちらにもメリット、デメリットがある」と話すのは、管理栄養士の成田崇信さん。

 三角食べの長所は、並行して食べ進むため、残しても比較的栄養バランスがとれること。また硬さが異なるものを混ぜて食べるとかむ回数が増え、肥満防止に役立ちます。ただ、混ざると味が薄まるため味付けが濃くなりがち。また食材が混ざるのを嫌う子は食事が苦痛になる、という短所も指摘します。

 ばっかり食べも、懐石料理のように、一つ一つの食材の味を楽しめる利点はあるものの、嫌いなものや後回しにしたものの食べ残しにつながる欠点も。

 近年、学校での三角食べ指導は「行きすぎた管理教育」などと批判され、衰退気味。成田さんも「食べ方に正解や優劣はない。子どもの成長に必要な栄養をとれていれば、どちらも問題ない」と指摘します。「ご飯と一緒に食べておいしい献立もあれば、単品で味わうものもある。決め付けず、料理に合った食べ方を勧めるのも良いと思います」

528

なるほど!

104

グッときた

134

もやもや...

151

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • あらふぃふ says:

    三角食べって最近知った。
    自分はばっかり食べだけど、残さず食べるし、1品1品の味付けがよく分かるので、
    今後もばっかり食べで生きる。

    あらふぃふ 男性 40代
  • うさぎ says:

    フランス料理のようなコース料理は、一品づつ提供されますが、ばっかり食べになりますよね。

    うさぎ 男性
  • 匿名 says:

    どうせ全部食べるんだから、大好きなハンバーグは「大好きなハンバーグ」の味だけで食べたい
    どうしても三角食べさせたいならタコスとかハンバーガーとか1つで色々入ってるやつでいいじゃんって思う

     女性 10代
  • 匿名 says:

    自由に楽しく食べれば良いと思う一方、作る側としては頑張って全品アツアツにして出してる手前、冷める前に満遍なく食べてもらいたいとも思う。

     男性 30代
  • 田之上 太郎 says:

    三角食べをするといいと思いました。

    田之上 太郎 男性 30代
  • says:

    もっとおかずにご飯という感じ🍚おかずだけ食べすぎ!味噌汁は何杯でもいいかなと思います。

  • 匿名 says:

    触覚過敏があり、口腔内で味が混ざるだけではなく、三色食べにより食感が変わるのも苦手です。
    少食だったのもあり三色食べを強要される小学校の給食は苦手でした。
    栄養が偏らないという利点はあるのでしょうけど、食べるのが苦痛になっては意味がない。ばっかり食べでも無理ない量を最終的に完食出来れば問題ないと思います。

     女性 20代
  • 匿名 says:

    野菜から食べるだけは科学的に効果がある。他は迷信。

     無回答 無回答
  • おじさん says:

    サラダ(食物繊維)を先にいただくというのは一理あり。

    おじさん 男性 40代
  • 匿名 says:

    給食時間は、頂きますの前に量の再調整をします。
    好き嫌いは人それぞれ大人にもありますので、成長途中の子供には自分が食べれる量に決め直して、自分が決めた量を感謝して完食をするように励ましています。
    食べ方は、お盆の上のものは自分のものですから順番は本人に任せます。

  • まるこ says:

    子どもがばっかり食べ。でもちゃんと完食するからいいかなと私は思うが、育児の考え方が違うのが難しいです。
    三角食べじゃなきゃいけない根拠は…
    ばっかり食べがだめな理由は…

    結局、そう誰かに教わったから、では子どもも納得できない。

    まるこ 女性 40代
  • 匿名 says:

    好き嫌いばかりの人って人間的に未熟者が多い。
    人が手間暇かけて提供してくれた物を平気で残す。
    好きな物だけ食べて嫌いな食材は手をつけない。
    いくら食事を楽しくとはいえ、自分だけが楽しければそれでいいのか?
    周りは気を遣い、ワガママな印象を持つ。
    自分の楽ばっかりで他人なんでどうでもいいという心を育てるから三角にこだわらなくても満遍なく食べるのを推奨する。子供にもそう教育している。

     40代
  • 匿名 says:

    私は子供の頃からばっかり食べでした。
    一つ一つの料理の味をじっくり味わって食べるのが好きでした。口の中で味が混じるのは今でも嫌です。

     男性 70代以上
  • K.K says:

    別にばっかり食べでもいい

    K.K 男性 10代
  • うにいくらドン says:

    私の時代は多分完食強要時代になると思いますが、三角食べなんて習ったこともありませんよ。当たり前に食事をしていたらおかず、炭水化物、おかず、炭水化物、時折、牛乳ってなりますからね。そうならない人って味覚が日本人ではないんでしょうね。
    数年前に服部幸應先生が言ってました。
    いろいろ混ぜて食せるのは日本人だけの特徴なんだと…世界的にはすごいことだと言ってた気がします。
    食事なので健康で楽しく食べれればどんな食べ方でもいいかと思いますけど、本当の味わいをわからないってのは残念でならないですね…

    うにいくらドン 男性 30代
  • 匿名 says:

    「口内調味」。自然に三角食べになるんじゃないの?

     男性 50代
  • 匿名 says:

    三角食べを指導されて来た世代です
    学校給食を語るより、家庭での食生活の方が大事じゃないですか?
    給食に懐石料理を引き合いに出す?
    主食と一汁二菜+αな献立だったと思います
    食べ方はどうあれ、みんな楽しみにしてた時間だったなぁ

     男性 40代
  • みずき says:

    小学校入学時、正に三角食べを指導された世代です。「完食させたい」という意図があると言われれば成る程と思わないこともありませんが、私の通っていた学校では当時、そもそもの残すことが許されていなかったので、あまり意味はなかったのかもしれません。食べるのが遅く昼休みも掃除の時間も黙々と教室で食べ続ける毎日だった私は、配膳台が給食室に戻ってしまう前に一枚でも多くのお皿を片付けたくて、早々にばっかり食べに切り替えました。

    みずき 女性 40代
  • 匿名 says:

    野菜から食べる
    ベジファーストを学校でも教えるべき
    野菜から食べることにより血糖値の上昇を押さえるので、糖尿病や肥満の予防にも、なりますし
    学校では、形式だけのものではなく、本当に子供の将来に役立つことを厳選して、やっていただきたいです。

     男性 40代
  • 匿名 says:

    三角食べは言われる事はあったものの、子供の頃は特に気にしてなかった。
    けど、後に残りやすかった白飯やパンをどうするか考える内に、三角食べになっていき、主食以外の組み合わせ(例:肉類とサラダ)でもするようになった。
    白飯もパンも単品で楽しめるようになった今も、大体三角食べを考えてる。
    確かに三角食べを勧めるのは自然だと思うけど、単品派を否定するものではないと思う。楽しめない事の方が嫌だ。
    ばっかり食べでもいいと

     男性 30代
  • だまや says:

    あまり厳しく言われた覚えはありませんが自然と三角食べになっていました。
    少なくともおかず→米or飲み物→おかず→・・・の往復食べです。
    米と飲み物が口の中をリセットしてくれるので、おかずがおいしく食べられるんですよね。
    大人になってからは米と飲み物が酒に替わることが多くなりましたが、思想は変わっていません。
    おいしい食事をするために、それに合わせた酒を飲むようになったのです。

    話が逸れましたが、強制・強要する必要はありません。
    ただ、食育的に、食べ物のおいしい食べ方を教えてあげることはあっても良いんじゃないかなと思います。

    だまや 男性 30代
  • さらさ says:

    通っている保育園でも三角食いを推進してて、嫌いなものを残さず食べるように先生たちから「家でも三角食いの習慣をつけていただいた方が小学校に入ってから苦労しませんよ」と言われる。

    我が家の夕飯は一品ずつ食卓に提供する方式です。出された皿をピッカリン!にして次の皿を出す。
    全部クリアしたら最後にデザートが出てくるというやりかた。1つ1つをちゃんと味わえるのが良い点だと思ってます。

    食事の楽しみ方はそれぞれで良いと思ってるけど、小学校で子供が三角食いを強制させられると思うと今から不安です。

    さらさ 女性
  • もよもよ says:

    楽しい食事の時間のはずなのに、必要以上のルールとやらでパワハラになっていなきゃよいけれど。

    もよもよ 女性 40代
  • KAZTO says:

    「三角食べは1970年代ごろから一部地域の学校で推奨されたといわれます」というが、別に誰かが無理やり始めたわけじゃない。
    そもそも貧しかった昔の日本人の食事というのは白いご飯+αだったのだ。
    白いご飯と梅干、白いご飯とたくあん、白いご飯と目刺し。
    白いご飯を食べることこそ食事だったので、自然と往復運動になった。
    その後おかずが次第に充実してみそ汁コロッケ等が食卓に上っても、それまでの習慣から自然と三角食べになったというわけだ。
    でもそれはあくまで白いご飯が食事の絶対的主役だったころのこと。
    最近のおかずに満ち溢れた食事では、白いご飯はたくさんある食べ物のなかの一つに過ぎない。
    白いご飯を腹いっぱい食べようものなら、たくさんあるおかずが食べられなくなるのだ。
    そうなると子供はまず好きなものから食べようとする。
    みそ汁全部飲んで、ハンバーグ全部食べて、次にあれ食べてこれ食べて、最後に残った白いご飯だけ全部食べてごちそうさま。
    昔の人間が見ると、最後に白いご飯だけ食べてもうまくないだろう、と厳しめに言いたくなる。
    ううんおいしいよ、と言われたらもはや昔のやり方で白飯とおかずを往復運動しろなんて言えない。
    もう昭和じゃないのだ、白飯は主役じゃなくなってるのだから。
    仕方ない。
    歌は世につれ、食事も世につれ、だ。

    KAZTO 男性 60代
  • しましま says:

    三角食べ、やってました。

    大人になった今思うと、焼き魚などの和風おかずの合間に牛乳を飲むのって気持ち悪い(合わない)ような…

    しましま 女性 40代
  • 匿名 says:

    小学生の時に「三角食べ」を強制されましたが、馴染めませんでした。さらに嫌いなものを残すな、放課後残っても完食しろと言う指導で、吐いても食べさせられました。
    昭和の時代の管理教育、児童を画一的に育てると言う考え方は令和この時代、受けられるものではありません。今回の記事にある「食べ方に正解や優劣はない」と言う考え方をもっと広く浸透させたいものです。

     男性 40代
  • 保育学生 says:

    乳幼児は咀嚼が未発達な場合もあるのでばっかり食べではなく、水分も含めて三角食べをさせることで喉に詰まらせることを減らせると感じています。

    保育学生 女性 20代
  • 白米だいすき says:

    小学生の頃に三角食べを教わった事をなんとなく思い出しました。(私はばっかり食べ派です)
    私の学校では苦手なメニューを食事前に減らせたので、無理せずに完食することができました。お陰さまで食事をするのが今も大好きです。
    給食の完食を強要するよりも、安心してご飯を食べられる環境を作ることが大切だと思います。

    食事を楽しむことは今を生きる上でとても大切なことだと思います。
    三角食べもばっかり食べも、どちらにしても楽しく食事ができたら、それだけで幸せです。

    白米だいすき 女性 10代

    「苦手なメニューを食事前に減らせた」という「白米だいすき」さん。10代というだけあって、今の子どもたちにより近い体験や感覚を持っているように感じました。「三角食べ」にも、コース料理に代表される「ばっかり食べ」にも、それぞれ良い点があるのだということが、みなさんのコメントから伝わってきます。「完食を強要するよりも、安心してご飯を食べられる環境を作ることが大切」。本当にそうですよね。白米だいすきさんのコメントに1票!

  • 匿名 says:

    何が正解かはわからんが、好き嫌い多い、好みのだけ食べて他は残すとか言うのはわがままに思うし作ってくれた人に対して礼儀なってないと思う。
    いただきますごちそうさまも忘れてはいけないし形だけでなく意味も知るべき。

    好き嫌い多い奴は我儘多いよ。食事会では周りに気を使わせるしね。
    アレルギーは別。

  • 匿名 says:

    三色食べは言われたことがありません。子供が小学校で指導されたようで、初めて知りました。家でもきちんと並べて順番通りに食べていました。叱られると泣いていました。すっかり給食が嫌いになりました。今ではやっていません。
    私にはメリットはよくわかりません。
    外食するとサラダなどは先に出てきますし、コース料理なんてどうするつもりなんでしょう?

     女性 50代
  • ぽんず says:

    懐かしい!!
    小学校の給食の時言われてました。
    「全部食べなきゃいけない」などの強制はなかったし、私は好き嫌いがないので残すこともなく、なんならおかわりしてました。
    「三角食べ」が良いとされてた時代でしたが、私は好きなものから食べてました(笑)

    ぽんず 女性 50代
  • はらへりへりはら says:

    全部食べきれるのならなんでもいいが、食べきれないのなら「三角食べ」のほうが圧倒的優位だろ。メニューの栄養素バランス良く取れるんだから。

    はらへりへりはら 無回答 無回答
  • 太郎 says:

    この考え方古くないか?
    肥満防止とか言うなら普通にベジファーストが理想だと思うけど
    フードロスの問題とごっちゃにするの悪癖だよ

    太郎 その他 20代
  • さかな says:

    自分の好きなように食べれば良いと思うけどな〜
    食べ方よりも食事を楽しくすることの方が大切だと思う!

    さかな 男性 10代
  • 匿名 says:

    三角食べという言い方はされなかったけどおかずとごはんと交互に食べた方が良いと言われたことはあるなあ…でも牛乳とご飯はどうしても合わなかったから牛乳は必ず最後に飲んでた。

    むしろ会社の後輩が食べ終わるまで昼休み遊んじゃダメっていう食べ残し禁止の指導を受けたって聞いたときの方が衝撃だった。実質的に量食べれない子に対する体罰では??と思って。

     30代
  • 匿名 says:

    別に全部食べ切るなら同じじゃないか?
    と思います。
    日本の懐石料理だけじゃなく海外のコース料理も「ばっかり食べ」だし。
    残してしまうなら栄養のバランス悪くなるから良くないかな。

  • 匿名 says:

    私は、腸が弱いため、なるべく先に野菜を食べるようにしています。
    野菜の中だと、食物繊維が多く含まれているゴボウや大根などをよく食べます。

     男性 10代
  • 匿名 says:

    三角食べは、太りやすいってきくけど・・・

  • チャールダッシュ says:

    『三食食べ』は出来るけど、味付けが少し違う食材を食べる時は、その素材の味を噛みしめたいので、前の食材が混じって味が判らなくなるので1回1回口の中を水で流してます。なので、三食食べは水を飲み過ぎてしまうので苦手です。

    チャールダッシュ 女性 60代
  • 風呂板吾郎 says:

    三角食べの指導は受けたことがありません。
    『それぞれを別々に食べきる』など不届き千万!!
    ご飯とおかずが一緒になってこそ実に『美味しい』んです。
    健康に良い、悪いなど論外です。

    風呂板吾郎 男性 70代以上
  • 匿名 says:

    脳も身体も作るのは食べ物だ
    良い食材で健康に育つ
    食べ方云々の前に
    良い食材かどうかだろう
    フルコースだって
    皿の上に肉野菜添え物ソースと乗ってるのだから
    一皿一皿が三角食べと言えばそうだし
    懐石料理だって
    一つずつ食べと言えばそうだし
    良い食材を美味しく食べれたら
    なんでも良いだろうが
    日本の子供の貧困率と餓死する子供と
    成長期にロクな物食べれないで
    障害持ちになる子供の多さの方が 
    よっぽど悪い事だと考えるが
    そう思う日本人はかなり少ない

     無回答 無回答
  • kiku says:

    「口中調味」というのは日本人独特のもので、高度なスキルらしいです。
    できないより、できたほうが良いと思いますね。

    kiku 男性 60代
  • まあ says:

    昔は三角食べが推奨されたが、血糖値を上げないようにするには、先に野菜等を食べきり、ご飯は後にしたほいが良いと言われた。
    懐石料理ではご飯が最後に出てくるので、良い食べ方だと思う。

    まあ 男性 60代
  • ポンタ says:

    私も指導を受けましたが、我が家では子どもに一言も口を出していません。のどが渇けば勝手に知るものは飲むでしょうから。うちのヨメは太るからとめしにはいっさい手をつけず、もっぱら2色食べです。食後のあとでデザートとはこれいかに。

    ポンタ 男性 60代
  • 匿名 says:

    三角食べなら残してもバランスがいいって、残す前提なのもよく分からないかな。
    最初から少なめにしておいて、食べたい子は1回分食べ終えてからお代わりすればいいのに、、、
    まあ地域で給食の形も違うから全然違うのだろうけれど、、、
    知多半島の学校でしたが、給食は美味しかった記憶です。
    唯一ダメだったのは、海藻サラダでした笑
    その時の残飯量が多かったのかその後二度と見なかったですが

     男性 30代
  • 403977 says:

    非論理的な決め付け強制が、単なる多様な選択肢の一つになることに快哉を叫ぶ。

    403977 男性 50代
  • うささん says:

    腹に入りゃ全部一緒やわ(笑)

    うささん 無回答 30代
  • 無公開 says:

    うちの子は学校でご飯とスープしか食べないみたいで、先生がどうしてでしょうかと聞かれてしまいました。うちの子はスペクトラムなので〜といっても、それは言い訳でしょと言われたので、学校を辞めました。うちの子は前の学校にも馴染めてなかったみたいなので今の学校を好きと言ってくれています。

    無公開 無回答 無回答
  • マーサ says:

    私は、小さい時から色々なもの物を食べてます、食材も自家製してます。今、ビーツも大変良いと見聞きし栽培あるいは通販取り寄せます、がんばり食しましょう

    マーサ 男性 70代以上
  • 匿名 says:

    こんな教育があるなんて…。
    そもそも学校なんて1日1度しか食事しないんだから親に任せれば?と思う。
    個人的にはこんなことよりもくちゃくちゃ食べたらいけませんっていう教育してくれた方がありがたい。
    それも親がやるべきだけど…。

     男性 30代
  • 野田翔太 says:

    ダイエットにいいのは、三角食べだと気づきました

    野田翔太 男性 10代
  • 匿名 says:

    とてもわかりやすかったです。

      
  • 匿名 says:

    我が子が「三角食べやだ、ばっかり食べがいい」と言ったのですがこの記事を見て答えて下さい(^^)

      
  • 匿名 says:

    学校のやることに意味はない
    思考停止

      
  • 匿名 says:

    三角食べの一番のメリットは、記載されている通り「残しても比較的栄養バランスがとれること」じゃないかな。
    まだ自分の食べられる量がわからなかったり、周りと同じだけ食べられない子ども向けの食べ方。
    大人になったらコース料理の順番をイメージして一品ずつ食べたほうが血糖値の上昇を緩やかにできる。

      
  • 匿名 says:

    >1口齧ったフライを皿に戻すのが気持ち悪く感じてしまったり、
    アジフライなんてどうやって食べてるんだろ?
    お新香も一度に全部食べちゃうの?そうですか。
    洋食の付け合わせのキャベツも一度に食べちゃうんだぁ。

      
  • 匿名 says:

    三角食べは、血糖値コントロールに重大なインパクトを与えます。
    その観点を考慮していない記事は、いくら専門家を入れても無価値です。

      
  • 匿名 says:

    三角食べのメリットが全く分からないし、味が混ざって不味くなる。
    ポテトチップスが大好物で舌がなかなか大人の舌にならないという大人が多くなったという話を聞いたことがあります。
    三角食べの普及と子供舌との因果関係を調べた論文はないのでしょうか?

      
  • 匿名 says:

    40代女性です。
    周りから一品食いと言われて気になっています。
    三角食べをするようには心がけてるのですが、私の場合、1口齧ったフライを皿に戻すのが気持ち悪く感じてしまったり、どの皿から空ければ良いのか迷ったり、なかなか減らない終わらない食事に不安を感じてしまいます。
    それでも三角食べはどうしてもなにがなんでもしなくてはいけないのでしょうか?
    と疑問に思います。
    正直、食事に時間をかけていられません。

      
  • 匿名 says:

    福岡在住40代です。小学校当時、三角食べは管理教育の手段の1つとして認知されており、私の学校では「食べる順番を厳守、1つでも間違えた子がいたら先生に報告」というルールがあり、児童間で互いの様子を監視していました。もちろん仲良しの子は通告せず嫌いな子やグループ間で監視し、もし食べる順番を1つでも変えると先生から平手打ちをされたことを今でも覚えています。
    本当に地獄のような時間でした。

      
  • 匿名 says:

    最近はベジファーストと言って野菜や食物繊維の多いものを先に食べ、そのあと主菜を食べるという食べ方が血糖値の上昇を抑え、健康に良いという考え方もある。
    そもそも給食の場合、飲み物はお茶でなく牛乳なので、それと白米を一緒に食えというほうが無理がある。逆に味がわからなくなるし、和食文化はそもそも牛乳と白米を一緒に食べることを想定していない。
    給食は栄養バランスは考えていても、メニュー全体としてみると一つの料理として完成されていない場合も多いから、むしろばっかり食べのほうが多少おいしく食べられるのでは?

      
  • 匿名 says:

    三角食べを指導されたけどそれほど強制力のあるものじゃあなかったな。米飯に牛乳とか明らかに合わないし。
    全部食べることを前提に栄養バランスとか考えられてるんだろうから、「嫌いなものを残してしまう」のを避けるってのが最大の目的じゃあなかろうか。カレーライスを平らげてサラダ残して注意される奴とかそれなりにいた気がする。

      
  • 匿名 says:

    三角食べは、私達五十代世代では各家庭で言われていた。オカズも食べなさいとか。私はご飯が好きで、おかずなしでも食べられてしまうため、結局三角食べばっかり食べ(ご飯)でも、健康だったし、太ってもいなかった。

      
  • 匿名 says:

    「三角食べ、ばっかり食べ」のみならず、5歳児の母としては、もっと気になることがある。
    決められた「短い時間」で、昼ごはんを「完食」させる園の教育。完食した人は偉いね!凄いね!みたいな雰囲気作りって、どうなんだろう?
    「早食い」や「残さず(無理してでも)食べる習慣」は、大人になったら生活習慣病につながるから止めましょう!!って言いますよねー
    腹八分目が健康に良いそうですし…。
    食事を楽しく味わえることが、人生の喜びのひとつと思います。

      
  • 匿名 says:

    食べる時位、自由にしたら良いでしょう。こんなことを議論するアホな時代になったことをなげくなァ。

      
  • 匿名 says:

    成長過程の児童には、食事をどのようにとれば良いのか考える調整力はまだ育っていないのでは?学校に食事のマナーを身につけさせるように求めていますが、ホントはまず、家庭で教育していくものではないのでしょうか?箸の持ち方もですよね。

      
  • 匿名 says:

    箸の持ち方や食事マナーは家庭教育で行うことなのに、それを学校に求める親がいることに驚きです。何食べでもいいと思っていますが、見慣れない盛り付けや食べてことのない食品に一切手を付けようとしない子供たち。。食わず嫌いはなくしていきたいと思って指導しています。(小学校教員)

      
  • 匿名 says:

    三角食べ世代です。どうしても牛乳が他の味と混じってしまい、苦痛でしかありませんでしたし、給食も大嫌いでした。そのため今でも牛乳はそのままだと飲めません。
    やはり行き過ぎだったのでしょうね。適正な味覚を失わせる行為だと思います

      
  • 匿名 says:

    (ばっかり食べを推奨はできませんが、)味が混ざると気分が悪くなる献立もあるのは事実です。さばの味噌煮や鰯の生姜煮とご飯、味噌汁、牛乳…栄養面や味噌汁のだしのアミノ酸は申し分無しです。でも、混ぜて食べられませんよ😅あと、レーズンパンとおかずも…。ベジタブル・ファーストを推奨している時代に合わないので、あまりに偏った食べ方をする児童だけ、そういう時代もあったことを伝え、食べ方のバランスを促したいです。自閉スペクトラムを持つ児童は自分流を変えられるとフリーズします。物事は何でも、決まった方針よりTPOですね☺️あとは、学級で話し合うとか…

      
  • 匿名 says:

    食べ方の指導よりお箸の持ち方からやって欲しい。

      
  • 匿名 says:

    おかず無しにはご飯1杯は食べられない。
    フランス料理はばっかり食べ。

      
  • 匿名 says:

    ばっかり食べのメリットがほぼ無い。給食や日々の食事は懐石料理ではないですから。

      
  • 匿名 says:

    三角食べですが、栄養学の問題というよりも迷い箸のような食事マナーとしての意味合いが強いのではと考えています。
    食事は味だけで楽しむだけではなく色や形などに注目する事で、農家や料理人への感謝を覚える事ができます。ばっかり食べをしてしまうと、空のお皿が出来上がってしまい、料理への感心も薄れてしまうのではないでしょうか。(「空のお皿の多い食卓は見た目が寂しくなる」という意味でも三角食べは食事マナーとしての意義があるのではないでしょうか)
    たしかマナーや作法を覚える事も食育の内だったはずなのですが、近年は食材を売り捌きたいという経済活動に「食育」という言葉が利用されている印象です。(そしてマナー教育が疎かに・・・)
    本記事を読みますと、食事マナーは「行き過ぎた管理」と最近は考えられているのでしょうか?・・・それだと大人になった時その子は困るのではないでしょうかねえ。身に付いた悪習というものはなかなか矯正出来ないものですから・・・。

      
  • 匿名 says:

    ばっかり食べタイプですが、お吸い物、揚げ物、酢の物など一口ずつ順番に食べるところを想像すると、美味しくいただけない気がします。やはり、はじめに酢の物やおひたしなどをいただき、主菜や汁物をいただく段階でお米に手を付けたい、というのが、味覚的にも自然な食べ方に思います。もちろん、順繰りに食べる方もいても、それはそれで自然な感覚があるとは思いますが。
    私としては、家庭など、自分の量にあっていて極端に苦手な食材が含まれない食事が提供されたときは、食べ残ししないのが大前提と思っていましたので、食べ残しというものを前提とした仕組みにそもそも強い疑問があります。食べる順番うんぬんより、バランス良く自分に合った量を食べる、という大前提を守るようにするのが一番ではないでしょうか。

      
  • 匿名 says:

    最近の給食にはおやつのような菓子パンが出ることが多いと聞きます。そんなパンで、三角食べは厳しいと感じます。そもそも、なんで菓子パンが給食にでるのでしょうね。ちょっと論点がずれましたが。

      
  • 匿名 says:

    学校の指導にはきっちりとした理由がないものが多々ある。ひいては日本全体に、理由のあまりはっきりしないのに「決まり事」がある。いかなる決め事にもきちんと説明があるのが当たり前になって欲しい。また、決まり事が本当に必要なのかを疑問に思う力を身に着けて欲しい。

      
  • 匿名 says:

    肥満の37才です。正しい食べ方というものがあるのかと思い読んでみたところ、教育方針の話で肩透かしを食らった感があります。

      
  • 匿名 says:

    栄養士側からあえて3角食べを指導しませんが、担任の先生方に、根強い人気があるようです。
    口中調味ができるようには、なってほしいです。

      

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ