小学生発案「さんぽセル」 批判した大人は「重すぎるランドセル問題」を反省すべき

山田祐一郎 (2022年6月24日付 東京新聞朝刊)
写真

ランドセルをキャリーバッグのように運べる「さんぽセル」(「悟空のきもち THE LABO」提供)

 「ランドセルが重すぎる」。多くの小学生が抱える悩みを解消しようと、小学生自らが、ランドセルに装着するキャスター「さんぽセル」を発案、発売したところ4カ月待ちの人気商品となった。なのに、インターネット上では「みんな我慢したんだから」などと大人たちから批判が。これに対する小学生の的確すぎる反論も話題になったが、そもそも重くさせている大人の方が反省すべきでは。

キャリーバッグになる! 荷重を9割軽減

 「さんぽセル」はアルミ製のフレームで2本のスティックの先にキャスターが付いた商品で、ランドセルをキャリーバッグのように手で引くことができ、体感荷重を約9割軽減する。栃木県在住の小学生ら6人のアイデアを「悟空のきもち THE LABO」が協力して商品化。4月に販売開始すると、約3000件の注文が殺到した。

 だが、ニュースになるとネットでは批判的なコメントが相次いだ。開発に携わった大学生の岡村連太郎さん(21)は「小学生は1週間くらい落ち込んでいた。このままつぶされるのはまずいと思った」と振り返る。

「さんぽセル」を発案した小学生たちと、開発に携わった岡村さん(右から2人目)=栃木県内で(「悟空のきもち THE LABO」提供)

「そもそも…」小学生たちが的確な反論

 同社は5月下旬、さんぽセルの生産と普及のためクラウドファンディングを開始。批判への反論も紹介した。体のバランスが悪くなり、体調が悪くなるとの批判に、「それは重いランドセルでなる『ランドセル症候群』って言われている病気です。僕たちは、それを解決しようとしてるんです」。ランドセルは後ろ向きに倒れたときに頭を守る機能があるとの指摘に「そもそもランドセルが重いから後ろに転ぶんじゃん!」と返した。

 「重いランドセルを見て見ぬふりをしてきた大人が、自分たちで解決した子どもを批判するのはおかしい」。岡村さんは小学生の思いをこう代弁する。

 寄付と同時に、さんぽセルをもらってくれる人も募集。「校長先生」「市長」「文部科学大臣」「内閣総理大臣」にも呼び掛けている。同社によると、現在、3600台分の寄付が集まり、校長4人、市長1人から提供希望があった。末松信介文科相は、14日の会見で「注文が殺到しているので様子を見守りたい」と反応した。

平均4キロ 教科書1.7倍、置き勉禁止

 重すぎるランドセルは全国的な問題だ。学校用品の企画・製造・販売会社「フットマーク」は昨年、小学1~3年生とその保護者1200人にアンケートを実施。「常に重いと感じる」「頻繁に感じる」「たまに感じる」との回答が9割を超えた。重さの平均は3.97キロ。重さが原因で通学を嫌がる割合は2.7人に1人、3.1人に1人は、肩や腰、背中などの痛みを訴えている。担当者は「重いランドセルで心身の不調を引き起こす『ランドセル症候群』が心配だ」とする。

写真

教科書のページ数も増え、ランドセルの中身は重くなっている

 同社によると、小学生の教科書の合計ページ数は過去15年で1.7倍に増加。近年は、ICT(情報通信技術)教育の一環で、パソコンなどを持ち帰ることもある。だがアンケートでは、半数近くが、自宅で使わない教材を学校に置いておく「置き勉」が禁止されていると回答した。

米国では「体重の1~2割以内」指針も

 文科省は2018年に教育現場に生徒・児童の所持品の重さや量について改善を求めている。担当者は「さんぽセルが問題提起になった。学校ごとにばらつきがあるのは事実で、改めて対応を求める」とした。

 教育評論家の尾木直樹さんは「思考停止した大人の意見にも、子どもが知恵を絞って反論した。批判は事実に基づかないものも多く、残念だ」と指摘する。

 重いランドセルが解消されない背景について「重い荷物が子どもの身体に与える影響を軽視しすぎている」と説明。「米国では体重の1~2割以内というガイドラインがあり、日本でも早急にガイドラインを打ち出すべきだ」と訴えた。

15

なるほど!

42

グッときた

4

もやもや...

12

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • Star Fifa says:

    わい実際9歳だが、重い。とにかく重い。
    後で個人的なまとめを作る(Scratchのサイトにうpする)ので、見ていただければと。

    Star Fifa 女性 10代
  • 匿名 says:

    ちょっと話が飛ぶかもしれないのですが、日本は高校までの子どもの人権が無視されすぎだと思います。子どもは箱詰めで教育受けて意思を表示せずにルールを守れ。という発想からこのランドセル問題も看過されてきたのではないですか。
    そんな中、はっきり意思を示して開発、宣伝までした小学生とその周りの方々は素晴らしいと思います。ものとして改良すべき点はあるのかもしれませんが、まず問題提起を讃えたい。
    これを受けて、ランドセルの重量には規制を設けるべきだと思います。
    子どもにも自分を労わる権利はあります。

  • 現役小学生ママ says:

    ホントに、ランドセル重いです!
    東京都在住ですが、登下校で40分の子供たち。
    確かに体力つきます。重いんです。大人が持ってみても重いんです。
    上の子は、側湾が出てきました。
    これって、荷物のせいですか?
    教科書2冊(国語、算数)あとは置き勉。
    ドリル2冊、ノート4冊、タブレット。
    教科書、デジタルでいいじゃないですか。
    水筒、毎日担いでいくけど、冷水機が何機かあれば。と。
    週初め、終わり、学期初めと終わりはさらにカオスです。(防災頭巾、植木鉢、お道具箱、絵の具セットや、習字セット、体操服、上履き、給食セット、作品などなどがプラスされます。)
    1年生は荷物、引きずって歩いてます。
    学校側も色々策を講じてくれますが、もう追いつかないですよね。。。

    現役小学生ママ 女性 40代

    ランドセルが重すぎる問題は、特に低学年の子にとっては切実です。軽減策をとっている学校もありますが、まだまだ浸透していません。「ランドセルを背負ってから靴を履こうとするとしりもちをついてしまう」「ランドセルも手提げも重すぎて、途中で荷物を道に置いて帰った子がいた」…。いろいろな話が聞こえてきます。保護者会で「どうにかしてほしい」と訴える親に教員が「学校でも話し合います」と答え、「話し合っている間に、子どもの毎日は過ぎていきます。早急に対策をお願いします」と返される場面も目にしました。「タブレットを学校置きにしてほしい」。そんな声も出ています。みなさんの周りでは、軽減のための工夫や対策はなされていますか?

  • 匿名 says:

    舗装状態がよく、十分な幅がある道路があるところにしか役に立たないなど言っている頭の悪い大人がいますが、さんぽセルはあくまでも民間企業の商品であり、行政が全面的に導入を決めているのではありません。まるで全ての小学生が使う前提があるような趣旨であったため、僭越ながら訂正させて頂きました。
    ちなみにとても素晴らしい発明品でありますし、失敗やくだらない大人の批判に構わずもっともっとチャレンジしていって欲しいです。

     無回答 50代
  • 匿名 says:

    実際ものを見ていないのでコメントの懸案が妥当かどうかは分かりません。
    しかし、子どもがこれを開発するくらいランドセルが重く大変ならばその状況に大人は対応すべきだと思います。さっさとガイドラインを出したらどうなんでしょうか。

  • 匿名 says:

    2つ前のコメント(神楽様)ですが、多くの人は同じ懸念を抱いていると思います。
    「楽しちゃいかん」という批判も確かにありましたが少数派です。まして、この記事の冒頭にある「みんな我慢したんだから」というコメントは検索しても出てきません。
    そんなレアなコメントをわざわざ拾い出して反論するなど時間の無駄です。無視すれば良いのです。もちろん落ち込む必要もありません。

    それよりも、多くの人が抱く懸念に答えるべきです。
    この商品の開発に関わった小学生は、毎日さんぽセルで通学している「さんぽセルの達人」です。うまく操作する為の、ちょっとしたコツなどがあると思います。
    家を出てから教室のロッカーに仕舞うまで、コツを交えながら動画で紹介してみてはどうでしょう?
    それが的確なものであれば、多くの人が抱く懸念は払拭されるでしょう。

  • 小金井の一市民 says:

    労働基準法で、労働者が持つ重量物の重量制限があるように、小学生のランドセル・背負う鞄の重さも、法的に上限を設定するべきだと思います。

    我が子の学校では、国語と算数以外の教科書は「置き勉」ですが、宿題用の漢字ドリル・計算ドリル・計算ドリル用ノートなどで、ランドセルが重くなっています。

    水筒の重さについても。暑い台湾では、給水機があちこちにある、と聞いたことがあります。
    学校へ持参する水筒の水は、学校で補充できれば、荷物を少し軽くできるのに…と思います。

    小金井の一市民 女性 40代
  • 神楽 says:

    ・舗装されていない道路の場合、車輪径が小さく、よく揺れる
    ・片手で引く場合、(持ち手が中心だとすると)ズレが生じて、(必要な)横幅が増える
    ・登下校時に、車輪を拭くための雑巾が必須
    ・雨上がりに使用する場合、(低所であるため)車による泥はねや水溜まりの影響をうけやすい
    ・悪路等の際は、「背負えばよい」場合、背負った時点で服に車輪部の汚れが付着する
    ・「85%~95%軽減する」そうですが、「85%の場合」「95%の場合」の具体的な舗装状況が記載されていない

    よって、「段差なく舗装されている路面」且つ「広い歩道が独立している」場合にのみ効果を発揮するため、地方では向いていません。

    神楽 その他
  • 匿名 says:

    子どものランドセルは本当に重いです。この夏の暑さで倒れてしまうのではないかと心配です。
    夏の間だけでもリュックで登校良いなどの柔軟な対応をして欲しいです。
    1人の親が学校にわざわざ電話して伝えるような内容でもなく、先生たちのお手間を増やしたくもないですし。学校のおかしなところ、もっともっとたくさんあります。

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ