女子向けランドセル、多様に見えるが…性別役割の価値観が染み付いている

谷岡聖史 (2021年6月19日付 東京新聞夕刊)
子育て世代がつながる
写真

水色にピンクの模様が入ったランドセル

 4月、丸一年の育児休業を終えて職場復帰した。育休期間の最後に、来年小学校に入る長女のランドセルを選んだ。とっくに「男子は黒、女子は赤」の時代でないのは見聞きしていたが、いざ「ラン活」を体験すると、それは必ずしも多様性を意味しないのだと思った。

 例外はあるが、大部分は男女別の商品展開。男子用は主に黒や青系で「活発」「好奇心」などを、女子用はピンク、薄紫といった淡い色調で「おしとやか」「華やかさ」をアピールする。見た目こそ多彩だが、古色蒼然たる性別役割のイメージが染み付いている。

 幼児の好みとして自然、市場原理や企業活動として当然…と納得しそうになったら、ぜひ堀越英美『女の子は本当にピンクが好きなのか』(河出文庫)のご一読を。「ピンク=女性の色」は意外と歴史が浅く、戦後の米国主婦層に流行した後、日本では1980年代以降にアニメ、玩具を通じて拡大した。ただの色や趣味の問題ではない。ピンクやパステルカラーのカワイイ商品には「女の子は世話好き」などの価値観が組み込まれがちだ。理系進学者の少なさなど、女性のキャリア形成まで幅広く論じた一冊だ。

 ちなみに、わが娘が選んだのは水色にピンクの模様で「カワイイ」趣味全開のランドセルだったが。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ