学校の1人1台タブレットで動画やゲーム…家庭でどう管理? 戸惑う親 世田谷区は「あえて制限少なめ」 自治体で分かれる対応

今川綾音、小形佳奈 (2021年5月29日付 東京新聞朝刊)

タブレット1人1台時代

 国が進めるGIGAスクール構想を受け、小中学生に1人1台のタブレット端末が配備されつつある。保護者からは有害サイトへのアクセスや、動画やゲームへの依存、長時間の使用で健康に影響はないのかといった心配が、学校や教育委員会に寄せられている。一方、利用ルールについて、自治体によって対応はまちまちだ。保護者の声や各自治体の考え方を取材した。

受験生の娘が、勉強中も動画を見るように

 「貸与されたタブレットは設定上、家庭で時間管理ができない。『要りません』と断る権利はなかったのか…」

 4月下旬、東京都世田谷区に住む40代の保護者の女性から、こんなメールが本紙に寄せられた。区立中3年の長女が区から貸与されたiPadを毎日持ち帰り、ノートの横に置いて作業している。しかし女性がのぞくと、関係のない動画やサイトを見ている。「勉強に使ってないでしょ」と指摘すると、長女は「信用していないんだね」と不快感を隠さない。

写真

タブレット端末を使い、家庭学習をする中学生=東京都内で

 女性は「反抗期に加え受験という時期に、なんとか家庭独自のルールを作ってスマホとの向き合い方を探ってきたところに、ポンッとタブレットを渡された」と戸惑う。「勉強に集中できていない。何のために与えているのか疑問だ。親子関係も悪化、非常に困っている」と話す。

 学校に「必要のないものは見ないように促してほしい」と頼んだが、学校は「区は『付き合い方を覚えるのも勉強のうち』と考えています」と回答。口頭やお便りでの注意にとどまり、女性が納得のいく指導はない。

世田谷区「制限が厳しいと使う意欲なくす」

 この女性のように、タブレットとの付き合い方に不安を抱く親は多い。世田谷区教育委員会は5月15日に開いた保護者向けのオンラインセミナーで、「端末に不適切な内容をブロックする最低限のフィルタリングは施しているが、YouTubeの視聴や使用時間は制限していない」と説明。全国の先進事例を踏まえ、「制限が厳しすぎると使う意欲をなくす。使わないと効果がないという視点から、あえて制限を少なくしている」とした。

写真

世田谷区教育委員会が保護者向けに配布したチラシ。「みなさんが自由に使えるようにできるだけ制限をかけない設定になっています」と説明している

時間ではなく行動と結び付けた「約束」を

 ICT(情報通信技術)教育に詳しい国際大学GLOCOMの豊福晋平准教授は、世田谷区の方針を「かなり野心的」と好意的に評価する。保護者は「便利だけれどつながりっぱなしはダメ」というジレンマとうまく付き合うことが大事だと指摘。「時間の約束ではなく、行動と結び付ける」「状況に応じて優先順位を決める」「守りにくい約束で子どもに負担をかけない」といった視点の変換を提案する。

図解 家庭でタブレット端末を使用する際のヒント ①時間の約束ではなく、行動と結び付ける 例:寝る前の1時間や食事時は端末を触らない ②状況に応じて優先順位を決める 例:試験前は動画の視聴を減らし、試験後は増やす ③守れそうな目標を設定する 例:全面的に禁止したり端末を取り上げたりしない

 2017年度から授業でのICT利用を進めてきた東京学芸大付属小金井小の鈴木秀樹教諭は「1人1台端末は大きな可能性がある。直接発言するのは嫌だけれど、端末を介してなら意見を出しやすいなど、発言しやすくなる子もいる」と話す。保護者が心配するトラブルについては、「トラブルや炎上は当然起こる。全員が知り合いで、教師が介入し、振り返りができる学校は、安全に失敗できる場所。いずれ匿名のネット環境に出て行く前に、たくさんトラブルを経験しておいた方がいい」という。

東京23区の対応は? フィルタリング、時間制限…運用さまざま

写真

タブレットを使って授業を受ける児童(港区教育委員会提供)

 タブレット利用のルールについて、フィルタリング(排除機能)の強弱、時間制限の有無、家庭への持ち帰りの頻度など、自治体ごとに対応はまちまちだ。東京23区の主な状況を紹介する。

渋谷区「必要な動画サイトのみ視聴可能」 港区「最低限のセキュリティーだけ」

 他区に先駆け2017年度から1人1台を導入した渋谷区。「安全を脅かす危険なサイト等への接続を防ぐため」、学習に必要な動画サイトだけを視聴できる設定にした。

 一方、港区は「YouTubeやゲームに以前から接している子どもが多いことから、最低限のセキュリティーしかかけていない」と話す。「社会に出る時とほぼ同じ状況で、子どもに情報モラルを学んでもらい、家庭でも使い方について話し合ってほしい」

 昨年11月、1人に1台を配備した荒川区は「フィルタリングを厳しくしていない」というが、家庭での使い方に関する苦情は届いてないという。担当者は「学習以外の目的には使わないとの同意書を提出してもらい、SNSなどで犯罪に巻き込まれる可能性を子どもたちに伝えている。家庭での協力や理解も進んでいるからでは」と推測する。

練馬・品川区は夜間のネット接続を制限 「いたちごっこ」の現状を明かす区も

 練馬区品川区は、夜間のインターネット接続を制限している。利用可能時間を午前6時から午後10時までに設定している練馬区は「あくまで学習用であり、家庭の端末のように自由に使うものではない」との認識。規則正しい生活や目への影響も考慮したという。

 アプリやゲームについては、取材した全ての区が「ウイルス感染の危険性がある」などと、区教委が配信、または学校が許可したアプリストア以外からのインストールをできない設定にした。

 セキュリティーを高め、教委が利用状況をチェックしても「網をかいくぐって動画サイトを見ようとする子どもたちがいる」といたちごっこの現状を明かす区も。この区では端末を家庭に持ち帰らない日を設定し、教員が利用状況を確認すると告知することを検討している。担当者は「学校、家庭、行政の三者がタッグを組み、子どもたちを見守ることが重要」と話す。

GIGAスクール構想とは

 個々の能力・適性に合わせ、創造性を育む学びを目指し、全国の小中学生に1人1台ずつタブレットなどの学習用端末を配備し、学校には高速大容量の通信環境を整備する国の教育施策。当初、2023年度までに配備を終える計画だったが、新型コロナウイルスの感染拡大でオンライン学習への対応が急務となり、前倒しして実施。自治体により、配備や運用の状況に差が生じている。

「タブレット 1人1台時代」へのご意見や、タブレット端末にまつわるご体験、取材のリクエストなどを、ぜひ東京すくすくまでお寄せください。
12

なるほど!

1

グッときた

4

もやもや...

5

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • 匿名 says:

    神奈川県です。
    授業でタブレットを使っていますが、学校からの持ち帰りは禁止されています。
    うちは中学生の娘の、受験期のスマホの管理で苦労しました。どんな決まりを作っても、持たせている限りは動画やLINEの魅力には負けます。操作法の上達は目覚ましく、スクリーンタイムの抜け穴にもすぐたどり着きます。最終的にはスマホ代払いながらも日中は私の職場へ持って行くことになりました。娘もスマホがあるだけで集中できなくなる事が分かっていて、夏前に預かるよう頼んできました。
    週2回程度30分くらい、どうしても連絡しなければいけない事があるなどの時だけ渡していますが、すぐ返してきます。上の子が長い間スマホをいじり続けていたのを見ていた下の子は、「スマホが無くても全然不便じゃなさそうなのがびっくり」と言っています。そういえば私たちが子供の頃は携帯もなかったのだと、改めて思い起こされました。
    これだけ苦労している中で、学校が制限の緩いタブレットを貸し出すなんて、悪夢です。こんなことを考える政策担当者は、「スマホ脳」という本を読むべきです。

     男性 40代
  • 匿名 says:

    世田谷区民です。
    何度も同じような約束を子どもと決めては守られず、ガッカリし、毎日注意する、の繰り返しをしています。
    仕事で遅く帰宅するのでなかなかタイミングよく声がかけられず、約束が習慣づいてくれません。
    もういいかげん疲れました。
    便利な機械との付き合い方を身につけるのも勉強のうち。かなり大変な勉強を、教える大人が常に居ない家庭でも、やらなきゃいけないんですね。

      
  • 匿名 says:

    世田谷区民です。
    起きてから寝るまで隙があればiPadを開いていて、本当に困っています。
    家への持ち帰りをやめて欲しいのですが、どこにどう言えば話を聞いてもらえるのでしょうか。
    家庭での約束を決めても、親が仕事で帰宅が遅いと守れない自制心のない小学生は、救いようのない人間ということでしょうか。
    いきなり自由の中に飛び込ませて自制心を試す前に、大人が徐々に導いてやることの方が大切なのではないでしょうか。

      
  • 匿名 says:

    中2の息子は、平日はもちろん、土日は起床直後から寝る直前まで学校から貸与されたiPadを使って動画を見ています。
    学校からは学習以外には使わないようにと言われていますが、なんのチェックも規制もないので子どもはやりたい放題です。家庭学習に使うことなどほぼありません。
    せめて一日の制限時間とおやすみタイムの設定をできるようにしてほしい。使い方の約束ごとなどを家庭に丸投げして親の負担を増やしているだけ。学習はiPadでなくてもできます。子どもが自ら律して使用する、なんてできるわけないのに。できる子なんているんですかね。少なくともうちの子は全く出来ないし、しようともしませんけど。
    国がやっているのは子どもたちを教育とは真逆なほうへの誘導ではないか、と思うくらいです。iPadの使用は学校限定にするか、廃止でいいです。

      

    こうした嘆きが、ほかの親御さんからも複数届いています。「こんなふうに対応してうまくいった/失敗した」という経験談やアドバイスもお待ちしています。

  • 匿名 says:

    うちも網をかいくぐった子供がいて、大変です。

      
  • 匿名 says:

    息子が勝手にアプリをいれています。
    アプリを消したいです、、、

      
  • 匿名 says:

    世田谷区です。もともと家庭のタブレットは制限をかけ、ルールを決めて使用出来ていましたが…学校からタブレットが貸与されてから、隠れて動画見ていたりいらぬ家庭内トラブルが増えて困っています。
    学校で保管・管理で使用する時に貸与では何故ダメなんですか。せめてスクリーンタイムを家庭で設定可能にして欲しいです。使用可能時間帯と1日の使用時間を制限したいです。

      
  • 匿名 says:

    世田谷区です。
    一刻も早く、年齢制限はかけてほしい。学校で、スクリーンタイムをかけないと、各家庭一律にならずだめ。youtubeもかなり過激な内容のものも多いので心配。手紙や宿題の配信、スクショなど、家庭での利用も多くなっている。親子関係が悪くなるので、学校主導で一刻も早く制限をかけてもらいたい。よくないサイトなどを、○○君に教えてもらったなど、いじめや保護者間の人間関係にも影響が出ている。

      
  • 匿名 says:

    うちは一日2時間と決め、2時間だけ渡しています!

      
  • 匿名 says:

    世田谷区です
    一人一台のタブレットは家庭には必要ありません。 学校がオンラインになった際に必要な家庭は貸し出しするだけで十分です。 タブレットを毎日持っていくだけでランドセルは1Kg増し、宿題をやるために開いたタブレットでYoutubeが気になり視聴。 小学生に自制は効きません。 ICTを加速させたいのならせめて学校で使用するのみにすべきでは?

      
  • 匿名 says:

    新宿区です。小学1年生の息子がおります。
    過熱する中学受験に向けて、幼児教育から学習習慣を身につけさせたり公文などで先取り教育を取り入れたり、各家庭で子どもを盛り上げつつ、涙ぐましい努力をしているのは、我が家に限ったことではなく都市部ではごく一般的ですよね。
    それなのにタブレットが急に入ってきたことで、逆に学力低下を招きかねない。親として非常に憂慮すべきことと感じています。

    遊んでしまうことを、いくら導入時に想定されていたとはいえ、免罪符にはなりません。小学1年時から、利用目的も定まっていないタブレットを与えるべきものだったのか? 教育委員会には反省を促して欲しいと思います。

      
  • 匿名 says:

    文科省が主導してギガスクール構想としてインターネット利用促進をしているならば、まずは有害広告を規制してゾーニングしてからにしてほしい!
    目にあまる有害なバナー広告や、youtubeの広告の規制はどこに申し入れたらいいのでしょうか??
    小学1年生にタブレットをポンっと渡された親としてはそう思います。

      
  • 匿名 says:

    小学6年生。受験があるのについつい、、、

      
  • 匿名 says:

    品川区です。一年生と四年生の親です。みなさんのお困りになっていることと同様です。家庭で動画やゲームのルールを決めて、いい感じに守れるようになってきたところに端末を支給されて台無しに、親子関係も悪くなり、いろいろ話し合ったり手を尽くしましたが、結局、目を盗んで動画三昧。夏休みに依存症になる前にと強制的に取り上げて区へ返送しました。
    共働き核家族では子どもに自主管理させるのには限界があります。家庭によって事情も環境も違うので、親に対して、使用や制限の教育をして、せめて各家庭で設定管理できるようにすべきです。

      
  • 匿名 says:

    世田谷区です。ITC教育、タブレット配って、ドリルの代わりに学習アプリを使って、プリントの代わりにペーパーレス、お便りの代わりにブログで発信、その他にも今までタブレットなしでできていたこと(出欠や連絡、撮影や投影、投票など)を単にタブレットで置き換えたら、ITC教育が進んでる、と考えている学校や教育委員会に呆れています。

    アクティブラーニング、うんぬんかんぬん、伝え聞いた話を教育委員会がしていますが、今の世田谷区のITC教育は、ただのデジタルに置き換え教育です。

    これでは、今までできていた読み書きの力は弱まり、代わりに何か新しい能力が身につくかと言ったらつかないまま終わり、今の子ども達が「ゆとり世代」のように中途半端な改革で学習能力が落ちて、後々「GIGA世代」とバカにされるような気がします。

    すでにITC教育が進んでいる米国では、ITC教育の効果は短期的、手書きの方が学習内容の飲み込みが良く、情報を長く記憶し、新しいアイデアを理解するというような研究結果が報道されてきています。

    ただの置き換えならしない方がマシ。

      
  • 匿名 says:

    規制が厳しすぎて逆に学習サイトを開こうとしても規制にかかって見れなかったりすることが見受けられる。規制が厳しいため、これからの学習に有効に活用していくことが難しいと思われる。

      
  • 匿名 says:

     今の子供を信じて、全ての自治体でもっとタブレット端末を使いやすくして欲しいです。
     規制を強くしすぎるよりも、軽くして本来の目的に沿った使い方をさせて欲しいです。例えば、規制が強すぎると学習をしていて、わからないところを調べようとしてもブログだから見れない、動画があるから見れない、質問サイトだから見れない、というような制限で学習に関係があっても見ることができません。学習用に導入した意味がないと思います。
     子供たちが学習に意欲が出るような制限ぐらいにして欲しいです。
                                      学生でした。

      
  • 匿名 says:

    葛飾区です。タブレット端末を貸与されてすぐの頃に、深夜まで使って翌日起きられず、学校を休みました。家庭に持ち帰らず、学校に置いておくことを学校側に提案したのですが、返答なし。充電を制限して制御していましたが、夏休みに入り、充電ケーブルを見つけて勝手に充電、1日5〜12時間使用している事が今日判明しました!6年生なので、夏期講習を申し込んでいましたが、色々理由をつけて10日間中4日間しか通わず、タブレット端末で遊んでいました。無駄にした塾代のことを思うと取り上げずにはいられません。親が制限かけられるようにしてほしいです。

      
  • 匿名 says:

    ちょうどタブレット端末を支給し始めた頃に渋谷区の中学校に通っていました。
    昼休みにみんなで知恵を絞って、セキュリティを掻い潜る方法を探っていた覚えがあります。Youtubeなどを見るよりむしろその方が楽しかったです笑
    制限がかかっているから、大人に怒られるから、という理由で子供を縛りつけるのには限界があります。何のための規制なのか納得していない状態で、子供がそれに素直に従うとは思えません。
    そもそも、規制するのではなくうまく付き合っていく方法を教えることが今後は必要なのでは?いつかはスマホなどを持つことになるでしょうし、自分で自分を律することを学ぶいい機会になりませんかね?
    あと、せっかく端末があるならプログラミングをおすすめします!私の周りにいるプログラムが本当に書ける人は大抵、小中学生の頃から遊びでプログラミングをしていたらしいので、キッカケさえあればハマるかもしれません。

      
  • 匿名 says:

    世田谷区です。とても困っています。制限がかけられないのは区や学校の方針がないから、子供たちのことを思ってのことではないと思います。突然渡され、おもちゃが来たと大喜び。全く学校で活用されず、自宅でyoutubeを見る機械になっている低学年には不要です。家庭では学習に必要な漢字検定などのアプリを入れることすら許されず、だからと言って制限をかけることができず、正直迷惑です。

      
  • 匿名 says:

    世田谷区です。同様の問題が起きています。結局、自治体側に知識がないことが原因です。なにも考えずに「自主性」の一言で考えることを放棄するなら、セキュリティ設定は、各家庭に解放すべき。

      

この記事の感想をお聞かせください。タブレット端末の利用について、困っていることや家庭で工夫していることがあれば、ぜひ教えてください。

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ