東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

〈えほん〉「きりみ」 え・ぶん 長嶋祐成(ゆうせい)

  (2018年9月7日付 東京新聞朝刊)
写真

長壁綾子撮影

 塩焼き、煮付け、みそ煮、フライ-。食卓に切り身で並ぶのはどんな魚で、私たちが食べているのはどの部分?

 ぴかぴかだったり、青かったり、赤かったり、大きかったり、細長かったりと魚の姿はさまざまだ。生態や生息地などの情報は図鑑のよう。さばかれた状態の絵も精細で、つい見入ってしまう。

 焼いたり、煮たり、揚げたりと、料理になるとまたおいしそう。

 著者は魚譜画家。初めて手がけた絵本という。普段、何げなく買い物しているスーパーの鮮魚売り場が、発見に満ちた場に思えてくる。

 1458円。河出書房新社=電03(3404)1201。