〈えほん〉「あめだま」作・ペク・ヒナ 訳・長谷川義史

(2018年11月2日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

(長壁綾子撮影)

 公園でビー玉遊びをしていた、ひとりぼっちのドンドンは、新しいビー玉を探しに文房具屋さんへ行く。

 ドンドンが見つけたのは六つのあめ玉。「それはあめ玉や。あーまいで」。声に誘われ、なめてみると、次々といろんな声が聞こえてきた。部屋のソファ、愛犬グスリ、小言がうるさいパパ、亡くなったおばあちゃん-。周囲の人、物たちの温かな気持ちに気づいたドンドンに訪れた変化とは?

 内向的で、コミュニケーションを取ることが苦手な少年の成長を描く、不思議で優しい物語。

 1620円。ブロンズ新社=電03(3498)3272。

あなたへのおすすめ

PageTopへ