東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

みんなでカレーおいしいね 千葉・市原で月イチ「食堂」 孤食の子、地域でつながる

黒籔香織 (2019年2月24日付 東京新聞朝刊)
 千葉県市原市の国分寺台地区社会福祉協議会は、国分寺公民館(同市南国分寺台)で月に1回、地域食堂「コンパス」を開き、子どもたちにカレーを振る舞っている。「孤食」を減らし、地域で子どもたちを見守る活動につなげようとしている。
写真

寄付されたジャガイモやニンジンでカレーを作るボランティア=いずれも千葉県市原市の国分寺公民館で

母「家では甘えん坊…ここではしっかり片付け」

 15日には小学生10人が参加し、ボランティア4人が作ったツナ入りのカレーを味わった。「おいしかったです」とお礼を述べ、おかわりをする子もいた。

 子どもを迎えに来た会社員の浅野奈美子さん(44)は「すごく助かる。家では甘えがちな子どもがここでは片付けをして、しっかりしている」と話した。

 地域食堂は、子どもが一人で夕飯を食べがちな家庭への支援として1月から始まった。メニューをカレーに限定し、野菜の寄付を市民から受けやすくする。将来的に「孤食」のお年寄りにも参加を呼びかけようと考えている。

写真

子どもたちとカレーを食べる国分寺台地区社会福祉協議会の船山慶子会長

 

学校・学年を超えて「同じ釜の飯」

 船山慶子会長(65)は「学校や学年を超えて『同じ釜の飯を食った』子どもたち同士のつながりができる。いじめや道端で変な人に声を掛けられている姿を見つけたら、声をかけて犯罪を防げることもある」と話す。

 次回は3月15日午後4時から。国分寺台地区の小中学生が対象で、参加費は100円。参加には保護者の同意書の提出が必要。問い合わせは同社協=電070(5589)0658=へ。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年2月24日