〈えほん〉「うたえなくなったとりとうたをたべたねこ」 絵・文 たなかしん 歌 竹沢汀

(2018年4月27日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

 

長壁綾子撮影

 

 ねぇ、うたってよ、ぼくのために-。

 窓辺の鳥に恋した黒猫。歌えなくなった鳥に、あなたに歌を食べられた、と言われる。誤解を解きたい黒猫は、鳥にたくさん贈り物をする。だが、鳥は歌えない。

 なぜ歌えなくなってしまったのか? それが分かると、たぶん大人はなるほどと納得する、鳥と猫の切ないラブストーリー。

 子どもには難しいかもしれない。でも、大好きになったら何かを贈りたくなる気持ちに共感し、大切な存在の命について思いをはせるかもしれない。挿入歌と朗読が聞けるQRコード付き。1944円。(問)求龍堂=電03(3239)3381。

あなたへのおすすめ

PageTopへ