子連れウェルカム!府中の飲食店や遊び場紹介 ママ8人が子育てマップ クラウドファンディングで資金募る

松村裕子 (2019年2月9日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
 東京都府中市の子育て中の母親8人グループ「ママチャーリーズ」が、子連れで利用しやすい市内の飲食店や遊び場を紹介する「みんなでつくる府中子育てマップ」を作っている。「みんなでつくる」をコンセプトに、子育て家族の口コミ情報を集めて掲載店を決めた。22日まで、製作関連経費の24万円をクラウドファンディングで募っている。
写真

マップ作りをするママチャーリーズのメンバーたち=東京都府中市で

飲食店30店、遊び場10カ所 300家族の提案から選ぶ

 マップはA4判の二つ折り。選んだ飲食店は和洋中、そば、エスニック、ピザなど市内全域の約30店、公園などの遊び場は約10カ所。1枚の地図上に所在地を示す。店は住所や電話番号に加え、「安心安全の弁当」「2階の和室が子連れにお薦め」など、利用者に役立つ一言を付ける。

 昨年9、11月に市内で「行って良かった店」などを付せんに書いて地図に貼ってもらうイベントを催し、300家族から提案を受けた。店は約150カ所を候補にして、メンバーが現地で確認。店の許可を得て掲載店を決めた。

「マップをきっかけに、子連れで行ける店が増えれば…」

 ママチャーリーズは2007年、市の女性のためのライター講座を受講した子育て中の母親有志で発足。子育て情報サイト「てくてく府中」や情報誌「てくてくひろば」を手掛ける。市内の子連れで行ける飲食店マップがなかったことから、新たに取り組んだ。

 おむつ替えや授乳のスペースの有無が掲載店の条件ではないが、取り組みを通じ「今後検討する」と前向きな姿勢を見せる店もあり、成川綾代表(41)は「マップをきっかけに子育て家族が行きやすい店が増えればうれしい」と話す。

 マップは5000部印刷し、5月1日から市民活動センターなどで無料で配る予定。問い合わせは成川代表=070(6488)6291=へ。

 ◇「みんなでつくる 府中子育てマッププロジェクト」クラウドファンディングはこちら

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年2月9日

あなたへのおすすめ

PageTopへ