仕事と家庭の両立?そんなうまい話があるかいな 〈新連載 お父ちゃんやってます!加瀬健太郎〉

(2020年7月3日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

バナー

 今月から第1金曜日は、写真家の加瀬健太郎さんが3人の息子たちとの日々を写真とエッセーでつづる「お父ちゃんやってます!」をお届けします。加瀬さんは「子育てってこれぐらいでいいんだ、と思ってもらえるような写真と文で、息抜きしてもらえたら」と話しています。

写真

 「ステイホーム」という言葉が、巷(ちまた)をにぎわせるずっと前から僕は「ステイホーム」してきました。売れっ子とは言い難いフリーランスのカメラマン。もちろん事務所なんかありません。なので自動的に、というわけです。

 うちは3兄弟と嫁さんと僕の5人家族。3兄弟だと言うと、みんな「お気の毒に」と言う代わりに、半笑いで「にぎやかでしょう?」と言ってくれます。はい、にぎやかです。とても。

写真

 「テレワーク」を始めた人に「どうしたら仕事と家庭のメリハリをつけられるか」と聞かれます。僕のアドバイスは、「そんなうまい話があるかいな」です。パソコンに向かっていると「へー、そういうのしてんだ」と息子の友達がしたり顔でのぞき込んでくるし、部屋を歩けば、転がったレゴで足の裏をけがするか、米粒が靴下に張り付いて剥がれません。今も仕事部屋では、カニが、背後でカサコソと音を立てています。

写真

 もう諦めました。「仕事」と「家庭」には、はっきり境界線があるわけではなくて、終わりかけの「アクアフレッシュ」のようにぐちゃぐちゃに混ざっているものだと。9月には4人目が誕生します。また男です。これからよろしくお願いします。

加瀬健太郎(かせ・けんたろう)

写真

 写真家。1974年、大阪生まれ。東京の写真スタジオで勤務の後、ロンドンの専門学校で写真を学ぶ。現在は東京を拠点にフリーランスで活動。著書に「スンギ少年のダイエット日記」「お父さん、だいじょうぶ?日記」(リトルモア)「ぐうたらとけちとぷー」(偕成社)など。10歳、7歳、3歳の3兄弟の父。これまでの仕事や作品は公式サイトで紹介している。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    第1週目の金曜日がめっちゃ楽しみになりました!!
    次回も楽しみにしてます!
    我が家も息子2人☆男の子って面白い!

  • 匿名 より:

    クスッと笑える記事がとっても好きです。

  • 匿名 より:

    背後のカニで笑いました。楽しそうなご家族ですね。

  • 匿名 より:

    すっごく笑って、すっごく元気が出ました。肩の力が抜けました。次の掲載が楽しみです。

  • 匿名 より:

    鼻の孔に、こんな鋭角な物を突っ込ませては危険です。その癖を即、やめさせるべきです。
    想像力を持って、危険を察して子育て行いましょう。
    トップ写真に出すとは。エーーーッ

  • 匿名 より:

    トップの写真、いいですね!
    男の子はまさにコレ。
    なんでも鼻の穴につっこみますよね。

  • 匿名 より:

    靴下に米粒、レゴで足を怪我する
    わかります。いつの米だ!?ってのも
    思わぬ所に張りついてたりと

  • 匿名 より:

    男3兄弟うらやましい。我が家はふたりになってしまいました。男の子は何人居ても嬉しいです。

  • 匿名 より:

    そのとおりです

あなたへのおすすめ

PageTopへ