僕のママは、痛い注射もいっぱい頑張ったんだ〈清水健さんの子育て日記〉29

(2021年2月19日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

清水健さんの子育て日記

写真

僕たちは元気です!

友だちに写真を見せて「僕のママだよ」

 「僕のママだよ! 痛い注射もいっぱい頑張ったんだ!」。家に遊びに来て、部屋に飾っているママの写真をじっと見ていたお友だちに、ママのことを説明していました。少しドキドキしながらも「僕のママ」と自慢するように話す息子の姿は、大丈夫かなと心配するパパの気持ちを笑顔にしてくれます。

 2月は妻の七回忌でした。

 あの時、生後3カ月だった息子。荷物の整理をしても、当時のままにしておくものがまだある。部屋のレイアウトを変えるとき、まず妻の場所を決める。息子のことや仕事のことで悩んだとき、どうしたらいい?と写真の前で座り込むときもある。変わるものと変わらないもの。6年が過ぎても、こんなもんです。でも、「いない」ことの現実を今、はっきりと受け止めることもできています。

元気です 僕たちがいる「こちら」側

 お花を送ってくれた妻のお友だちが「こちらは、みんな元気で頑張っていますよ!」と、妻にメッセージをくれました。「こちら」、今、僕たちがいる、こちら側。みんな元気です。笑っています。笑えています。

 息子とは、野球のセーフかアウトかでムキになってけんかもする。仕事が続いてなかなか休みがとれないと、「明日はパパ、お仕事、お休み?」と小さな声で遠慮しながら聞いてくる。「うん」って答えると、「やったー!」って喜んで、次の朝、6時から、公園で走り回れている。

ママのことをふたりで話せた、七回忌

 「ママは、キレイなお花がいっぱいのところにいるんだね!」。法要での住職さんの話をうれしそうに話す息子。「会いたい?」。そんな当たり前の、でも、今まであまり話したことがなかったこともふたりで話せた七回忌。「ママ」のことに真正面から向き合う時は、まだまだ、これから、なんだと思う。でも、「ママは優しかった?」と、ママという言葉を、少しずつ、笑顔で、息子と交わせるようにもなってきました。

 この間、息子の初デートに付き添いました。自分のデートより緊張してヘトヘトになったけど(笑)。息子は手を合わせてうれしそうに、「今日は楽しかったよ!」と写真のママに報告していました。

 強く見えても寂しい思いもあるかもしれない。そんな息子の心を一番にわかってあげられる父親でいたい。そして、写真の中のママだけど、いつもの「日常」を、ふたりで笑って話しかけられる、そんな親子でいたい。

 七回忌を無事、おえました。 (フリーアナウンサー)

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    私の主人も亡くなりました。
    第二子を授かりこれから、夫婦ともに頑張って新たな命、新たな親になろうとしている時に癌が見つかりました。膵臓癌、ステージ4。呆気なくこれからという時に、息子の顔も産声も温かさも知らずに。
    今でも、主人を思うと涙が出そうになったり寂しい気持ちの方が強いです。

    去年のクリスマス長男が手紙に「お父さんを連れてきてください。」と書いてました。

    私には言わない息子の寂しが辛かったです。
    清水さんのブログはじめて拝見させていただきました。涙が止まりませんでした。

    私も、親子でもっとお父さんの話をしてあげるべきだと気付かされました。
    次男は父親を知りません。写真の中で笑っているお父さんしか知らない次男にも、あなたが生まれてくることをどれだけ心待ちにしていたか、病院で抗がん剤の副作用で苦しいはずなのに、男の子の名前の本と睨めっこして、貴方に素敵な名前をつけるべきか悩んでいたか、私しか話してあげれる人がいないのですから。

    何かと大変でしょうが、お互い頑張りましょうね。

  • 匿名 より:

    もう涙涙で読めませんでした。ママの事は覚えて居ないだろうけどお友達にも僕のママだよって紹介できるぐらい心も成長されたんですね☺️これからはまだまだ楽しい事もパパと作って行って下さいね🎵

  • 匿名 より:

    アナウンサーをされていた清水健さんが大好きでした。もう7回忌ですか。早いですね。今でも時々どうされているのかとフェイスブックを拝見したりしています。またテレビに帰って来られないのかなぁ?と思ったりもします。息子さんとの時間を大切にされていて、やっぱりそれが清水健さんなのだと思いました。いつまでも応援しています。

  • 匿名 より:

    私には子供はいませんが、私も主人を亡くしました。39歳の若さで、御嶽山が噴火する1ヶ月前に。もし子供がいたら1人で育てる自信がありません。清水さんは仕事しながら息子さんを育てますね。天国の奈緒さんもきっと喜んでいますよ。

  • 匿名 より:

    最高の七回忌ですね。
    ママの生前のことを 息子さんに伝えて上げられる年齢に。
    「僕のママは、僕の事とパパの事 一杯 愛してくれていたね」
    良かった。。。

  • 匿名 より:

    私は清水健さんのファンです。
    奈緒さんが亡くなって7回忌❗️
    早いですね❗️アナウンサーを辞めてシングルファーザーとして頑張っている姿にいつも感動しています🍀
    息子さんもママの事を口にしないけど清水さんが息子さんを包みながら育てていると思います。清水さんの優しさがわかります。これからも応援していきます。

  • 匿名 より:

    私も生後8ヶ月の時に父が亡くなりました。親の存在がはっきりしていないので、悲しさは少なかったかなぁ。
    母も自宅で縫製業をして働いていて、いつも近くに居たので、良かったのかなぁ。
    しみけんさんが、仕事を辞めて息子さんの近くに居た事は大事な事だったですね。
    奥様も、こんな愛されて羨ましい。
    人は人生プラスマイナスゼロだと思っています。

  • 匿名 より:

    息子さんのママに対しての想いとその姿を見守っている父親清水さんの想いを想像し、涙が出ました。健気に日々頑張っている男の子が目に浮かびます。
    それはけしてかわいそうというのではなく、六歳前後の小さな1人の人間として、ママを愛する、誇りに思う気持ち、寂しい気持ち、ママに話したい気持ち、ママを想像する気持ち、ママに会いたい気持ち。パパと遊びたい気持ち、嬉しい気持ち。私より年齢が断然若いお父さんがシングルで子育てしている沢山の ・・・(何と表したら良いかわからない) 、お二人の絆に頭が下がります。
    この記事を読ませて頂き、有難うございました。
    独身男50代 子育て未経験

あなたへのおすすめ

PageTopへ