としまえんのプールで小3女児死亡 浮かぶ遊具の下で溺れる ライフジャケットは着用

奥村圭吾 (2019年8月16日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
 8月15日午後2時10分ごろ、東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプールで、埼玉県朝霞市の小学3年、森本優佳さん(8つ)が溺れているのを監視員が発見し、施設を通して119番した。心肺停止の状態で搬送されたが、間もなく死亡した。
写真

子ども向けのプール「ふわふわウォーターランド」=としまえん提供

プールの深さは1.2~1.9メートル

 警視庁練馬署などによると、女児が溺れたのは、子ども向けの「ふわふわウォーターランド」エリア内のプール(縦50メートル、横20メートル、深さ1.2~1.9メートル)。水面にビニール製の大きな浮島や遊具を浮かべた「ビッグアイランド」と呼ばれるアトラクションがある。

 監視員が午後2時に水中を定期点検した際、ライフジャケット(救命胴衣)を着けた女児が遊具の下に沈んでいるのを見つけた。女児は両親と妹の家族4人で来場していたという。

 としまえんによると、当時、アトラクション周辺には監視員7人がいた。事故を受け、プールの一部の営業を中止した。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年8月16日

あなたへのおすすめ

PageTopへ