ベビーベッドの収納扉で赤ちゃん死亡 頭が挟まり窒息、事故相次ぐ 消費者庁が注意喚起

子育て世代がつながる

 ベビーベッドの床面下にある収納スペースの扉が開き、布団を敷く床面との間にできた隙間に、生後8カ月の乳児が頭部を挟まれて窒息死する事故が今年6月、都内で起きていたことが分かった。9月にも同様の事故が都内であり、9カ月の乳児が重体となった。扉のロックが不十分だったのが原因とみられる。消費者庁が15日に発表した。
写真

消費者庁が事故が起きたベビーベッドと同じ構造のベッドで再現した様子

今年6月と9月 原因は「扉のロックが不十分」

 多くのメーカーが同構造の製品を販売。乳児を育てている家庭がよく使っており、同庁は利用者に「確実にロックをかけて」と呼び掛けている。

 ベッドはいずれも乳児を寝かせる床面の高さを3段階に調整できるタイプで、事故時は真ん中の高さに設定されていた。

10センチの隙間 肩までずり落ち、頭が挟まれる

 国民生活センターが同じ構造のベッドで行ったテストによると、真ん中の高さだと、扉の枠と布団の間に10センチほどの隙間ができる。乳児が足から肩まで外へずり落ち、頭部が挟まれ、口と鼻が布団に押し付けられる状態になる恐れがある。3段階で調整できるものでなくても、扉の枠よりも布団が下にある場合に扉が開くと、同じような事故が起きる可能性がある。

 テストで、扉のロックが不十分だと、乳児が寝返りを打って扉にぶつかるだけで開いてしまうことも分かった。扉は手前に倒して開ける。

2カ所のピン、正しく差し込まれているか確認を

 ロックは、2カ所の穴にばねのきいたピンを差し込む構造。2件の事故では、ピンが穴に正しく差し込まれていなかったとみられる。

 消費者庁はベビーベッドの使用自体は、「乳幼児の窒息や転落などの事故を防ぐのに有効」と指摘。ベビーベッドを使っている家庭には、構造を確認した上で、扉を開け閉めするたびに扉を手で引っ張るなどしてロックが掛かっていることを確認することや、ロックが壊れている場合は使用を中止することなどを呼び掛けている。

あなたへのおすすめ

PageTopへ