東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

参院選まで1週間 川崎市では今も”保育園落ちた”…「幼保無償化、自分には意味がない」

大平樹 (2019年7月12日付 東京新聞朝刊)
 参院選の投開票日が1週間後となりました。候補者はさまざまな公約をアピールしていますが、子育て世帯にとって保育施設に子どもを入れられない待機児童問題や、10月から始まる幼児教育・保育無償化は関心事です。参院選に合わせ、待機児童問題が深刻な川崎市を中心に神奈川県の現状をあらためて伝えます。

大型マンションに住む子育て世帯が増えているJR新川崎駅周辺=川崎市幸区で

「絶望的です」区職員から告げられ…

 「保育所探しが厳しいと聞いていたけれど、これほどとは思わなかった」。川崎市幸区の主婦(38)はため息交じりに話した。長女(1つ)を保育施設に預けて働こうと思っているが、めどが立たない。

 無職の場合、認可保育所に入れるかどうか考慮される点数が低くなる。仕事は長女が生まれる前に辞めた。相談に行った区役所で職員から「絶望的です」と言われ、入所希望を出す気もうせた。「失敗だったかもしれない。実家が近いし便利だから川崎に引っ越したが」

急ピッチでも足りない保育施設の整備

 市によると、市内の待機児童14人(4月1日時点)のうち8人が幸区。ただ、この主婦のように入所希望を出していない人は含まれない。実質的な待機児童は、数字以上とみられる。

 区内では子育て世帯が急増した。背景には、JR新川崎駅前を中心にタワーマンションの建設が進んだことがある。

 市は保育施設を急ピッチで整備してきた。前回参院選があった2016年度の保育事業予算は477億円。本年度は695億円と1.5倍近くにふくらんだ。それでも入所希望者の増加に追いつかない。県内全体でも、待機児童は497人(16年度)から750人と、1.5倍に増えた。

無償化でさらに競争激化の可能性も

 10月に幼保無償化が実施されると、幼児教育・保育費は、3~5歳児は全世帯が、ゼロ~2歳児は所得基準を下回る世帯が無料になる。しかし幸区の主婦は「施設に入れなければ対象にならず、今の自分には意味がない」と冷ややか。

 幼保無償化によって、子どもを施設に入れずに育ててきた世帯が入所希望を出し、競争が激しくなる可能性もある。市の担当者は「保育の需要をどの程度、掘り起こすことになるのか、まだ予測できていない」と打ち明けた。

「保育園落ちた 日本死ね」に共感

 幸区の主婦は、認可保育所はおろか、自宅近くの認可外施設にも空きを見つけることができない。「無償化よりも、保育施設の整備や保育士の待遇改善に予算を使うべきなんじゃないか」。訴えは切実だ。

 前回の参院選前、保活に悩む母親が書いたとされる「保育園落ちた 日本死ね」と題した匿名ブログが国会で取り上げられた。主婦は同じ状況に置かれて初めてブログに共感した。と同時に、3年たって状況が改善しないことに暗澹(あんたん)たる気持ちが強まっている。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年7月12日