東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

「議席の半分を女性に」 議員や候補者ら180人 参院選・統一選を前に集う

安藤美由紀 (2019年1月30日付 東京新聞朝刊)
 「政治分野の男女共同参画推進法」の成立に尽力した市民グループ「クオータ制を推進する会(Qの会)」(赤松良子代表)は29日、国会内で集会「議席の半分に女性を!!」を開いた。国会議員のほか地方議員、立候補予定者、支援者ら約180人が参加し、あらゆる議会で男女が同数になる重要性を確認した。

赤松良子さん「女性候補の擁立を進める正念場」

 4月の統一地方選と夏の参院選は、昨年5月の同法成立後では最初の全国規模の選挙となる。集会では、赤松代表が「今年は選挙が二つ、もしかしたら(衆院選も含め)三つあるかもしれない。各党が女性候補擁立をどう進めるか、私たちはどうサポートするか。正念場といってよい」と、出席者らに奮起を促した。

 各党が女性擁立の現状などを報告。2015年の前回統一地方選(道府県議選)で女性候補の割合が3.6%と最低だった自民党の逢沢一郎選挙制度調査会長は、地元の岡山市で女性擁立にこぎ着けたことを踏まえ「(家庭との両立など女性が)抱えている現実を乗り越える大変さが分かった」と語った。党の擁立目標には触れなかった。

写真

集会の冒頭で話す赤松良子さん(手前)=29日午後、東京・永田町の衆院第2議員会館で

長妻さん「挑戦したいという、うねりを感じる」

 立憲民主党の長妻昭代表代行は、参院選の候補が現状で男女同数になっていることを強調。「女性が政治に挑戦したいという、うねりを感じる」と話した。国民民主党の岸本周平選挙対策委員長は、女性新人候補向けの手厚い支援策をアピールしたが、現状は「目標の3割に届いていない」と明かした。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年1月30日