東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

21日は参院選 練馬区で子連れOKの学習会 政治や憲法を気軽に学ぼう

渡辺聖子 (2019年7月11日付 東京新聞朝刊)
 幼い子どもを持つ親らが政治や憲法を学ぶグループが10日、参院選に向けて東京都練馬区内で学習会を開き、参院の存在意義や選挙について考えた。

子どもを連れながら、政治や選挙について学ぶ親たち=10日、東京都練馬区で

子どもが走り回っても、赤ちゃんがぐずってもOK

 学習会は練馬区の看護師杉森果央莉さん(33)が主宰する「しぜんなこそだての会はぐみる」が開いた。子連れでも気軽に政治や憲法を学べる場がほしいと、私立の中学高校で教える岩城慶明さん(40)を招き、3月から始めた。

 この日も、子どもがおもちゃを持って走り回ったり赤ちゃんがぐずったりする中、約20人の大人が岩城さんの話に耳を傾けた。

主催の杉森さん「政治って面白いと思ってもらえれば」

 岩城さんは、参院選には選挙区と比例代表の2つの選び方があり、「国民の多様な意見を政治に反映させることができる」と説明。「これまで培ってきた価値観で、望む政策を実現してくれそうな候補者に投票して」と呼び掛けた。

 生後5カ月の子どもを抱っこしながら話を聞いた埼玉県飯能市の会社員土橋しおりさん(32)は「子どもが生まれるまで政治は不勉強だった。参院選は憲法改正につながる選挙だと思うので、勉強して投票に行きたい」と話した。

 参加者の多くは、会員制交流サイト(SNS)で会を知り、足を運ぶという。2歳の子を育てる杉森さんは「友達とは政治について話しにくいけれど、ここなら話せる。政治って面白いと思ってもらえれば」と話している。 

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年7月11日