〈えほん〉「マンマルさん」文・マック・バーネット 絵・ジョン・クラッセン 訳・長谷川義史

長壁綾子 (2019年7月12日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

(長壁綾子撮影)

 ある日、マンマルさんの滝の近くで、「かくれんぼ」をすることになったマンマルさんとサンカクさんとシカクさん。

 「滝の後ろにかくれるのはあかんよ」と約束したのに、サンカクさんは破ったらしい。マンマルさんはため息をついて暗い滝の向こう側へ入っていった。

 「どこにいてるのん?」。奥へ進むとサンカクさんが「おおきに」。でも他の誰かと目が合って…。

 ちょっぴりこわくて、最後はほっこりする、やさしい友情の物語。関西弁の翻訳が軽妙で、声に出して読みたい。

 1944円。クレヨンハウス=電03(3406)6372。

あなたへのおすすめ

PageTopへ