尾木ママが「都民の城」館長就任 渋谷「こどもの城」の改修施設、子どものたまり場に

岡本太 (2019年10月3日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

尾木直樹さん=渋谷区の旧「こどもの城」で

 2015年に老朽化で閉館した国立総合児童センター「こどもの城」(東京都渋谷区)を改修して再整備する「都民の城(仮称)」の館長に、教育評論家の尾木直樹氏が就任することが決まった。尾木氏は中学・高校の教師を22年務め、法政大教授にもなった。「尾木ママ」の愛称で活動中。

小池知事「あらゆる世代の交流の場に」

 東京都は9月、旧こどもの城の土地と建物を国から525億円で購入した。東京五輪・パラリンピックのボランティアの拠点として利用し、その後、本格的に整備をする。

 尾木氏は2日、小池百合子知事と対談し、「新しいものも取り込んで、頑張っていきたい。いろいろな世代の居場所にしたい。子どものたまり場のような機能も果たせたらいいなと思います」と語った。

 小池知事は「あらゆる世代の交流、成長の場として最大に活用していきたい」と話した。 

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年10月3日

あなたへのおすすめ

PageTopへ