「イケバス」で保育園周辺をドライブ 来月から豊島区が運行  特別な体験楽しんで

(2019年10月11日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
 東京都豊島区は来月から、観光客らのために池袋駅周辺を巡回する電気自動車(EV)バスの運行を始める。このバスは区内の保育園や幼稚園でも使ってもらう。保育園などの周辺をバスで巡ったり、来年6月に東池袋に開業する子ども向けのパークに送迎したりして、子どもたちの外遊びの体験や、外の世界に触れる機会を増やすのが狙いだ。
写真

保育園児らの送迎にも活用される「イケバス」

各園1回30分で地域を回遊

 乗車は、対象の年長児がいる区内の認可保育所約60施設や希望する幼稚園などで実施する。11月5日から12月上旬までは、各園ごとに1回30分ほどずつ乗車してもらい地域を回遊。パークへの送迎は、各園につき年1回以上行う。

 真っ赤な車体のバスは「イケバス」という。EVバスのため、電力使用が増えすぎてしまうことから空調設備はなく、暑さが厳しい7~9月は実施しない予定。子ども用イスを設置するなど、安全対策も検討している。

写真

水戸岡鋭治さんがデザインしたイケバスの内装

おとぎの国のようなバスでパークまで

 区内では、全認可保育所112施設のうち約7割で園庭がない。担当者は「おとぎの国のようなバスに乗り、パークから遠くに住む子も含めてみんなに、特別な体験を楽しんでもらいたい」としている。

 パークは、造幣局跡地に建設中の池袋保健所に隣接し、未就学児向け。イケバスと同じく工業デザイナーの水戸岡鋭治さんがデザインする。ミニトレインや滑り台が設置される。 

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年10月11日

あなたへのおすすめ

PageTopへ