〈えほん〉「宙(そら)からきた子どもたち」絵・森ヒロコ 文・中川素子

長壁綾子 (2020年2月14日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

(長壁綾子撮影)

 宙(そら)にはいろんな星が浮かんでいる。住みたい星を探している宙の子たちが見つけたのはにぎやかな星・地球。「そんな悲しい星に、なぜ行くの?」。天使たちは戦いが多い地球へ行くことを反対する。

 けれど、宙の子を心配して地球に降り立った天使は感じる。野の花や虫の声…地球には優しさもあることを。宙の子も地球の子とともに戦いを終わらせる方法を考えている。

 精緻な銅版画は、もともとそれぞれが独立していた作品。作者がそれらを構成し、絵から物語を浮かび上がらせた。

 1650円。柏艪(はくろ)舎=電話011(219)1211。

あなたへのおすすめ

PageTopへ