〈えほん〉「ぎょうれつのできるスパゲッティやさん」さく・ふくざわゆみこ

長壁綾子 (2021年1月29日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

(長壁綾子撮影)

 今日のお昼ごはんはおじいちゃんの作ったスパゲティ。「いただきまーす」とあいさつをしたその時、ぐうううぅ~と大きなおなかの音が聞こえてきた。

 窓を開けると、おなかがペコペコなレッサーパンダがぐったりしていた。さぁ、大変! ネズミたちは家中の食べ物をレッサーパンダに食べさせてあげるのだが、元気になるころには、家の食べ物が全部空っぽに。レッサーパンダとネズミたちは食材探しへと出かける。

 「こまったときは おたがいさま」が合言葉の絵本。優しさが連鎖し、心が温まるお話。1430円。教育画劇=電話03(3341)3400。 

あなたへのおすすめ

PageTopへ