〈えほん〉「ケイン、きょうもよろしくね!」文・ソン・ギヨク/ペク・ウンジュ 絵・シン・ドゥヒ 訳・高橋昌子

長壁綾子 (2021年9月24日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

(長壁綾子撮影)

 何年か前からわたしの目は、だんだん見えなくなった。いつも通る道で倒れ、階段から転がり落ち、体は傷だらけ。心まで闇の中に引きずりこまれていった。

 ある日、わたしは白いつえ、ケインと出会った。ケインは、わたしの目の前に何があるのか、今いる場所がどこか教えてくれる。おかげで、わたしはどこへでも自由にいけるようになったのだけど。

 韓国では目の不自由な人が使う白杖(はくじょう)をケインと呼ぶ。障害を受け入れることの葛藤をリアルに描く。困り事を自然に伝えられる社会を願って。1650円。新日本出版社=電話03(3423)8402。

あなたへのおすすめ

PageTopへ