〈2024年度予算案から〉横浜市 出産費用を最大9万円助成、夏休みの児童クラブに昼食提供

神谷円香 (2024年1月30日付 東京新聞朝刊)
 横浜市は29日、一般会計総額が1兆9156億円の2024年度当初予算案を発表した。1期目の任期4年を折り返した山中竹春市長が市中期計画の基本戦略とする「子育てしたいまち」関連の施策に引き続き注力。能登半島地震も受け、ハード面を中心に地震防災対策を強化する。30日開会の市議会定例会に提出する。
グラフ 横浜市の2024年度一般会計当初予算案

国の出産一時金50万円とは別に

 2021年の市長選公約の一つ「出産費用ゼロ」実現のため、国の出産育児一時金50万円とは別に、出産費用を最大9万円助成する独自事業を始める。

 横浜市の調査によると、市内の公的病院で要する出産費用の最大値は約57万6000円となっており、産科医療補償制度の掛け金1万2000円を含めてカバーできるようにする。4月以降に出産した市民が対象で、20億5600万円を盛り込んだ。

写真

2024年度予算案を発表する山中市長=横浜市役所で

1食400円程度、スマホで注文

 保護者が保育園に持って行く荷物を減らす事業も新たに行う。替えのおむつを園に届ける民間サービスの利用料や、布団を持参せずに購入する際の費用の一部を保護者や施設に補助する。使用済みおむつの処分費助成も含め、6億2300万円を計上した。

 小学生が放課後に通う市内全域のキッズクラブや児童クラブでは、夏休みの昼食提供を試験的に実施する。民間の配食サービスを使い、希望する児童に1食当たり400円程度で用意する。スマートフォンで注文・決済できるシステム開発費用を含めて2億8100万円を投じる。

地震防災対策、脱炭素化も強化

 地震防災対策では家具の転倒やブロック塀の破損、建物の倒壊などの被害を防ぐ対策に計16億6700万円、火災による被害の軽減に9億1400万円をそれぞれ充てる。感震ブレーカーの設置補助を一部の指定地域から市全域に拡大。木造住宅居住者を対象にした防災ベッドなどの設置費用補助は、前年度の4倍の1000万円とした。

 脱炭素化への取り組みでは、これまで「燃やすごみ」に分類していたプラスチック製品を「プラスチックごみ」に変えてリサイクルし、二酸化炭素の排出削減につなげる。10月から9区で先行実施し、来年4月から全18区に広げる。

 2024年度からは組織も再編。「データに基づく市政運営」を進めるため、政策局を政策経営局に改め、総務局から行政評価のチームを移管する。脱炭素・GREEN×EXPO推進局、みどり環境局、下水道河川局を新設する。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2024年1月30日

1

なるほど!

3

グッときた

2

もやもや...

0

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • まま says:

    横浜市は待機児童を保留児童と名前をつけ変え、見掛け倒しで待機児童が少ない風に見せているだけです。普通の家庭は保育園入れないのが現状です。全然子育て充実してないです。

    まま 女性 30代

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ