〈坂本美雨さんの子育て日記〉56・自分だけ魔法が使えたら?

(2022年1月14日付 東京新聞朝刊)
写真

2022年もよろしくお願いします

坂本美雨さんの子育て日記

『ミラベルと魔法だらけの家』を見て

 今年は歌い始めて25周年になる。昔を振り返る機会も多く、18歳の頃に主題歌を歌った1999年の映画『鉄道員(ぽっぽや)』を娘と一緒に見た。北の果ての小さな駅のホームに立つ、主演高倉健さんのぽっぽやとしての真っすぐすぎる姿。そこに出てくる女の子が、娘と同じ6歳なのだった。今度小学生なの!というセリフに、わたしも!と娘が隣で目を輝かす。並んでこのシーンを見る日が来ると思わなかったなぁ。

 近頃はディズニー映画『ミラベルと魔法だらけの家』が娘のお気に入り。年末に映画館で2回、その後配信で繰り返し見ている。ある晩お風呂の中で唐突に「あのさ、反対なんだよ」と話しだした。めんくらっていると、「(『アナと雪の女王』に出てくる)エルサとミラベルは、反対なの。エルサは一人だけ魔法があるでしょ。ミラベルは一人だけ魔法がないの」。おお…それはすごい考察だね。どっちも最初はひとりぼっちでつらい思いをしたよね、などと話す。

人の役に立ちたい、という欲求の源は

 どっちか選ばなきゃいけなかったらどうするか、聞いてみる。ママは?と聞かれたので、直感的に、ひとりだけ魔法があるほう、と答える。しばらく考えて彼女は「○○ちゃんも、ひとりだけ魔法があるほう。人の役に立てる魔法かわからないけど、もしそうだったら人を喜ばせたいから」と答えたので、内心ひっくり返ってしまった。な、なんて尊い気持ち! ちなみに、動物と話せるとか傷を治せる魔法がいいらしい(それってドリトル先生…)。

 えー、傷治せたらすごいけど、友達に最初はそんな力こわい!って思われるかもよ、といじわるを言ってみる。それでもやる、と言うので、「まぁ、友達もいつかはわかってくれるよね」と、変ななぐさめ。この子の、人の役に立ちたいという欲求はどこから来ているんだろう。イコール、認められたい、存在価値を確かめる行為なのかもしれない。と思うと、切ない気持ちもよぎる。人の役に立とうと思わなくたって、あなたは息してるだけで愛!かわいい!すてき!と伝えたい。

 でも、その心持ちは客観的に人として尊敬する。なのに、照れ隠しなのか、この優しさが伝わりづらいような言動をわざととったりするので、非常にもったいない、これから友人関係大変かもなぁと思ったり。誰もが、本当にアンバランスだ。でもきっと、見抜いてくれる理解者は現れるはずだ。そう信じている。 (ミュージシャン)

5

なるほど!

176

グッときた

0

もやもや...

2

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • カプリ says:

    今はもうすっかり大人になった我が2人の子ども達には、子育てしているつもりが親育てをしてもらいました。
    思うようにいかないことだらけ、育児書やいろんな情報に振り回されて、、、子どもが大きくなればなるほど悩みも大きくなりました。
    でも、振り返ると、子どもの育とうとする心を信じて寄り添い見守っていると自ずと答えが出てきたように思います。
    美雨さんの子育てには、共感することばかりです。これからも楽しく読ませてください!

    カプリ 女性 60代
  • ぶた says:

    なまこちゃんと同学年の娘の人間関係に勝手にやきもきしています。
    しかし、美雨さんが「理解者はきっと現れるはずだ」と思っていらっしゃるように、「今すぐうまくいってほしいのにうまくいかない!」と思わなくてもいいんだなと反省しました。
    もちろん、娘にはいつでも幸せでいてほしいし、そうなるための手伝いや努力はしますが。

    いつもなまこちゃんのかわいい姿に癒やされつつ、色んなことを考えるきっかけをいただいています。
    ありがとうございます。

    ぶた 無回答 30代

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ