〈坂本美雨さんの子育て日記〉52・もしあなたがいなくなったら

(2021年8月13日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

坂本美雨さんの子育て日記

写真

鉄棒に夢中! この夏は逆上がりをマスター

横断歩道で車が…思わず涙

 先日、横断歩道で車がスピードを上げて曲がってきて、彼女がよく注意せずに渡ろうとし、ちょっと危ない場面があった。思わず大声で注意して事なきを得たが、ちょっとびっくりして泣いてしまった。一緒にいた仲良し親子と慰めながら「ほんとに気をつけてちゃんと右左見て。お願いだから死なないでよ。もし○○ちゃんが死んじゃったら、もうママの人生真っ暗だよ」と言って、ぎゅーぎゅー抱きしめた。

 その数日後、そんなことはすっかり忘れて2人でスーパーへ向かっていると、ふと彼女が言った。「ママさ、○○ちゃん死んだら人生真っ暗って言ってたけど、サバちゃんがいるから大丈夫でしょう」と。サバちゃんとは、お姉ちゃんとして一緒に育っている、うちの猫のことだ。とても驚いた。たまに、こんなふうに、過去の発言や出来事が彼女の中で熟成されて戻ってくることがある。

 なるほど、きっと考えていたんだな…。自分の存在が、母の人生に影響するということの意味を。そして、母には自分と同じくらい大事なサバちゃんがいるんだから大丈夫だろうという、常々抱えている姉への嫉妬も含んだ複雑な気持ち。

これは真剣に答えなくちゃ

 これは真剣に答えなくちゃいけないと思い、止まってしばらく考え、「いや、真っ暗だよ」と答えた。「もしあなたがいなくなったら、本当に真っ暗で、生きていく力がなくなると思う。姉妹って、どちらかいれば大丈夫、ってわけじゃないんだよ。でも、サバちゃんがいるから、真っ暗でも生きていかなきゃいけないし、生きるための力にはなると思う」と話した。答えが長すぎたのか、ふーーん、そうなんだ、という反応。何が正解だったのかはわからないが、たまにこうして、全力で考えさせられる。そして、「よくわからないが、母が真剣に答えてたしな」という感覚だけ残ればいいなと思う。

 さて、7月27日に6歳の誕生日を迎えた。前日はホテルに泊まっていたのだが、お庭を散歩していて段差があると「ママそこ気をつけてね」と言ってくれたり、部屋を間違えそうになったら「こっちだよ」と開けてくれる、お風呂から出たらサッとお水をくんでくれる、などなど、ずいぶんとお姉さんになってしまった。「まったくもう! こんなに優しい子に産んだ覚えはないーー!」と怒るのがマイブーム(笑)。どうかこのまま、彼女の芽にたっぷりと太陽と雨が注がれていきますように。 (ミュージシャン)

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    私は美雨さんの子育てをとても尊敬していて、子を一人の人間として接してるからです。ちゃんと耳を傾けてあげて大事にされてて、私も美雨さんに育ててもらいたかったです(ΦωΦ)

  • 匿名 より:

    毎回毎回、美雨ちゃん親子にはホッコリさせられます。本当に素敵だなぁ。
    わたしも、そんなふうに子供たちと向き会えればよかったなぁーと思います。
    それなりには育ったけど笑

  • 匿名 より:

    20代前半で子供産んだ友人。当時3歳ぐらいの娘ちゃんが道路を勢いよく飛び出す姿に”死んじゃうよー‼︎”って注意していました。まだ結婚すらしていなかった私は、死んじゃうって大袈裟だなと笑ってしまったことがあります。
    時は流れて、私は今3歳になる娘がいます。
    よちよち歩き始めてから、子供に危ないと言う観点を伝えなければいけない立場になりました。その度、その友人に心の中で謝ります。あの時笑ってごめんね。
    親になって初めて知る子供の存在の大きさと大切さ。もしも…を想像するだけでも、涙が出てしまう親心。
    美雨さんが娘さんの言葉をしっかり受け止めて母の気持ちを伝えた事、すごくすごく共感しました。
    私自身も子供時代には、まだ危機管理や死への概念があやふやだったように思います。
    子供に怒ったり注意する時には、iメッセージでと何かで読みました。
    美雨さんが娘さんの心に”母は真剣に答えてくれたしな”とだけ残ればいいと記された様に、私も娘が大切だから死んじゃうととーっても悲しいと話します。
    そんな風に日々の愛情を伝えておくしか出来ないけれど、もしも何かあったりした時には心に残っていてそれが娘の糧になればいいなと願っています。

    美雨さんの愛情のこもった言葉の選別も愛おしく、毎回気付きを頂いたり励まされています。
    娘さんがとても優しい言葉や振る舞いをしてくれるのは、きっと美雨さんの真剣に愛している気持ちがきちんとインストールされている証だなと伺えました。

あなたへのおすすめ

PageTopへ