〈坂本美雨さんの子育て日記〉57・愛し方を押し付けないこと

(2022年2月18日付 東京新聞朝刊)
写真

サバ美と娘

坂本美雨さんの子育て日記

「猫が好き」でも、私とは違う距離感 

 先日、占い師とお呼びしていいのかわからないが、いろいろと目に見えないものがわかる方とお話しする機会があり、猫好きという共通項からうちの猫・サバ美の話に発展し、試しに相談してみた。

 「うちの娘は、猫が好きとは言うんですけど、正直、居るのが当たり前すぎるという感じで、あんまり積極的になでたりかまったりしないんですよね」。子どもと猫がべったり一緒に育つ姿に憧れていたが、現実のふたりは付かず離れず、たまにおやつをあげたり触れたりする程度で、思い描いてたほど仲良くないのが気がかりだったのだ。

 しばらく違うところに意識を合わせるような様子のあと、彼女は「あぁ…娘さん、好きは好きです。普通に猫好きですよ。でも美雨さんほど異常に好きじゃないってだけです(笑)。美雨さんの飛び抜けた猫好きは生まれつき備わってるものなので、自分を基準にしちゃダメですよ」と笑った。

人の愛の深さを、測ることはできない

 え~!? と笑ってその話は終わったが、その言葉はあとでじわじわと効いてきた。自分の基準…例えば、かわいかったらこうするもんだ、いとおしかったらこのくらい愛(め)でるもんだ、という思い込み。それが見えなければ「そこまで好きじゃないんだな」と判断する。ハッ! これは以前、恋人にも指摘されたことがあるような気がする。愛し方を押し付けないで、と。

 そうか、私は、猫が好きなら、サバちゃんが大事なら、もっと話しかけたり触ったりこねくり回したり(?)するもんでしょう、と思っていたが、娘は娘のテンションで大事に思っているのだろうし、私の気づいていないやり方で思いやっているかもしれないのだ。

 実際、私がサバ美をかまいすぎて煩わしい時には「やめてあげて!」とサバ美を守ったりしている。自分には、無意識に愛の深さを測るようなところがあるのだなぁと反省する。人の愛の深さなんて測ることはできないし、それがどんな深さであれ、表現方法であれ、尊いのだ。

 ちなみに、サバ美の愛でかたの一つに「ぶぁふぉっ」というものがあるのだが(アンモナイト状に丸く寝ている真ん中を狙って深く顔を埋めること)、サバ美が寝ていると娘がよく「あ、今ぶぁふぉのチャンスだよ!」と教えてくれる。昨晩もそうしてサバ美に顔を埋めて幸せを吸い込んでいると、横で娘が「愛っておもしろいね…」とつぶやいたのだった。 (ミュージシャン)

24

なるほど!

176

グッときた

1

もやもや...

6

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • さくさく2000 says:

    少し話は違いますが、少し前に考えたばかりのテーマで、おお!っと。
    自分と同じ気持ち、同じように接して欲しい…家族の事で夫にそれを求めてしまってました…。ドクターのアドバイスと冷静に考え、家族と言うだけで、つい相手にも同じ温度でいて欲しい…ナンテ自分勝手な考えだったのだろうと…。
    主婦、母としても長い時間を過ごしてきましたが、美雨さん親子の話しを読むと、こうありたかったわぁと思う日々です。

    さくさく2000 女性 50代
  • あみあみ says:

    愛し方は、それぞれなんだと納得した
    その人の愛し方があるんだと、また、
    それが愛しいと思えたし、形では、計り知れない。娘さんの一言がいい❣️

    あみあみ 女性 50代
  • めでこ says:

    深く頷きながら読みました。わたしはペットを飼っていませんが、恋人との距離感について考えさせられました。大事なことだなぁ。

    めでこ 女性 30代

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ