家族3人では見られなかった桜 8回目の春を迎えて〈清水健さんの子育て日記〉40

(2022年4月8日付 東京新聞朝刊)
blank

桜の花びらを追いかけて

清水健さんの子育て日記

学用品の購入も、もう迷わない

 靴のサイズが大きくなった、ノートはこれで何冊目になるだろう、ソックスも新しいのが必要かな。小学校の購買部で、2年生に向けて足りないものを購入していく。

 購買部には幼稚園の頃から見てくれている方がいて、「清水さん、すっかり慣れましたね!」と声をかけてくれました。初めは、何を買ってよいのかわからず、途中で母(息子の祖母)に電話で聞いたりと、きっとオドオドしていたんだと思う。少し褒められているような、その言葉が何だかうれしく聞こえました。

 この日は雨。バッティングセンター行こうか?と聞くと「うん! ストレス発散だよ!」と息子。ストレス発散? どこで覚えたんだろう。「パパ、振り遅れているよ!」、それなりのことを息子に言われてムキになってバットを振る(笑)。そして、近くの銭湯へ。「あー、運動した後のお風呂は疲れがとれるね」と、またそれなりのことを言う息子と、親子の休日。その「いつも」がうれしい。

高校生に講演 感想文を読んで

 先日、高校3年生に向けての講演会があり、数日後、感想文が届きました。自分が高校生だった頃を思い出すと、ちゃんと話を聞いたかどうか。正直、不安もあった講演会でした。でも、感想文には、それぞれの思いがびっしりとつづられている。

 「父親、母親がいることを当たり前だと思ってしまう時があります」「朝、誰よりも早く家を出る父、これからは顔をあわせ、いってらっしゃいと言いたい」「ちょうど受験で周りの友だちが合格してく中、すごく不安になっていた。でも『今』だから悩める、こうやって不安になれるのも『今』があるから。勉強、頑張ります」「お母さんとケンカして学校にきました。早く家に帰って謝りたい」

 誰にも言っていないであろう言葉。みんなの前で経験してしまったことをカッコつけずに話す。僕にはこんなことしかできないけど、こんなことを続ける力を、僕がみんなからもらっています。

 息子とゆっくり見る時間はなかったけど、今年の桜もキレイに咲いていました。家族3人では、一度も見ることができなかった桜。風に舞う花びらをうれしそうにキャッチしてママの写真の前に置く息子。息子と過ごす、8回目の桜の季節。写真の中の妻は、この成長をどう見ているだろう。小学校2年生になります。(フリーアナウンサー)

1

なるほど!

52

グッときた

2

もやもや...

4

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • なる says:

    清水さん、息子さんとの今を生きていらして素敵です✨
    私どもは夫婦で日々の生活でいっぱいいっぱいで朝から晩まで働き気が付けば子供達はすっかり大人に…今更ながらもっと一緒に時間を過ごせば良かったと思いますが、離れ離れに暮らす子供達と年に一度の旅行が楽しくて仕方ありません。いつか家族を持てば行けなくなりますがそれまではわがままを聞いてもらおうと思ってます

    なる 女性 40代
  • 南初子 says:

    毎回清水さんの子育て日記楽しみに読んでいます。息子さんも小学生2年生‼️
    早いですね。毎日仕事で疲れていても大好きな息子さんと触れあう事で疲れもとれると思います。清水さん、これからも息子さんとの時間を大切にしてくださいね。桜の時間は短いです。これからも素敵な時間が続きますように願っています。感動しながら読ませていただきました。ありがとうございます。

    南初子 女性 60代
  • 空 笑顔の写真 says:

    毎回清水健さんの子育て日記を楽しく、そして少し切なく読ませ頂いています。
    日頃の当たり前の生活への感謝の気持ち
    親心、子ども達の気持ちがストレートに
    響き 自分自身の気持ちを見直す事が出来ます。大切な人を想い続け、素敵な文章を記載頂き心より感謝致します。桜も華やかな時期は短いですが、人生は沢山素敵な時間がある事、平和な世の中であって欲しいと願う気持ちで読ませて頂きました。ありがとうございました。

    空 笑顔の写真 女性 50代

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ