「サンタさんはパパなんだよね?」と聞かれて〈古泉智浩さんの子育て日記〉39

(2023年1月13日付 東京新聞朝刊)
写真

大雪が降り、雪かきをするうーちゃん

写真

子ども時代の特権だから

 年末年始の休みが明け、ようやく保育園と学童保育が始まって助かりました。元気な子どもたち2人に振り回されっぱなしで、50代の僕は休みの方がつらいです。

 さて、年末のわが家のクリスマス。「サンタさんに何お願いしようか?」と子どもに聞いてみました。

 小学2年の男の子・うーちゃん(養子)は「サンタさんはパパなんだよね?」と疑っていましたが、「パパがサンタさんに連絡して持ってきてもらうんだよ」と強弁すると心から否定できない様子です。僕はまだファンタジーを楽しんでほしいと思っています。子ども時代の特権です。

 5歳のぽんこちゃん(養子)は、スーパーマリオのゲームが欲しいと言います。

 うーちゃんは、「僕いらない」と、気のない返事です。これには理由があります。ママの実家のおばあちゃんに、キャッチャーをする予定もないのに1万円もするキャッチャーミットを買ってもらったことを、僕たちに強く叱られたことが響いているようです。

パパはサンタさん見たの?

 しかし、そうは言っても年に1度のクリスマスです。僕の稼ぎはとても少なく、高いものは買えません。ぽんこちゃんのマリオのゲームは、調べてみると最新のものより一つ前の「マリオパーティ」が4歳でも楽しめるとのことで、フリマサイトのメルカリで中古品を買いました。ゲームは遊ぶことができれば、新品だろうと中古だろうと何ら変わりません。

 うーちゃんにはティーバッティング道具を選びました。垂直に立った棒にボールをのせてバットで打つ練習の道具です。少年野球の練習でも使っていて、去年ガレージ用にネットを買ったので、これがあれば雪が降ってもバッティング練習ができます。3000円くらいでした。

 プレゼントは夜中のうちに、リビングにサンタのお菓子が入っていた大きな袋があって、そこに入れようとしました。しかし、ティーバッティングのパーツが大きすぎて入らず、しかたなくパーツの上に袋を掛けておきました。マリオのゲームソフトは入りました。

 「パパ、プレゼントがあったよ」。翌朝、ぽんこちゃんが言いました。「パパはサンタさん見たの?」

 「パパが見たら、窓から出ていくところだったよ。ちょっとしか見られなかったよ」。うーちゃんは特に何も言いませんでした。(漫画家)

1

なるほど!

4

グッときた

1

もやもや...

2

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ