東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

<記者の視点>わが子も「問題児」だった… 横須賀市の学童保育預かり拒否 自治体は福祉の視点を 

(2019年4月9日付 東京新聞朝刊)
 小学生が放課後を過ごす学童保育(放課後児童クラブ)。共働きやひとり親の家庭が増え必要性が高まる中、児童福祉が専門でない事業者の参入によるトラブルを取材した。
写真

今川綾音記者

「断られても仕方ない」 多数の反響にやり切れない思い

 神奈川県横須賀市にある民設民営の学童保育が1年前、「指導員の言うことを聞かない」と児童2人の預かりを拒否した。保護者は、事業者に補助金を出している市に相談したが、いまだに学童を利用できずにいることを東京新聞と「東京すくすく」で報じた(「二度と学童に来るな」事業者に怒鳴られ、子どもが通えないまま1年…横須賀市は介入打ち切り)。

 記事に対し、東京すくすくには「断られても仕方がない」との指摘が多数寄せられた。「子どもに問題があるのに受け入れろと要求するのはモンスターペアレント」「学童にそこまで求めるな。現場は回らない」。つまり「事業者が子を選ぶのは仕方がない」という意見だ。一定数はあると思ったが、ここまでとは正直やり切れない思いだった。

指導員「いろんな子がいるのが学童」 徐々になじんだ息子

 私も手のかかる「問題児」の親として、2年前まで「受け入れを拒否されても仕方がない」と思っていた。

 息子は1年生の時、同学年の友だちに乱暴する、指導員の言うことを聞かない、ルールを守らない-と問題行動のオンパレードだった。毎日学童に預けるのが指導員に申し訳なく、夏休みは遠方の両祖父母宅へ何日も行かせた。

 そんな息子に粘り強く付き合い、学童生活に徐々になじませてくれたのは指導員たちだった。「いろんな子がいるが、それが学童。任せていただいて大丈夫ですよ」。その言葉に励まされ、学童と密に連絡を取りながら2年間息子を見守ってきた。3年生になった今、息子は生き生きと学童に通い、目立った問題行動もなく落ち着いている。

 たしかに、受け入れ側の苦労もあるだろう。ただ、そもそも学童保育は「サービス」でなく「児童福祉」と位置づけられている。その視点は見落とされがちだ。

子どもの安全と保護者の安心 視点欠く横須賀市

 全国学童保育連絡協議会の佐藤愛子事務局次長は言う。「『学童はお金になる』と参入し、『言うことを聞かないならやめてもらう』との意識で運営する事業者が増えている。でも本来は指導員に、問題のある子が納得できる指導をする力が求められる」

 2月の市議会では、「子どもの立場で考えていない」との指摘も出たが、市は「事業者と保護者が話し合いにより解決してほしい」と繰り返すばかり。まるで人ごとだ。補助金も出しているのに当事者意識が欠けていないか。

 子どもが安全に過ごせ、保護者が安心して預けられる-。取材では、学童保育にとって一番大事な視点が置き去りにされていると強く感じた。2015年に見直された子育て支援制度で「市町村事業」と位置付けられた学童保育。必要な支援を受けられない人をなくすためにも、「保育の質」の担保について、自治体がもっと手厚く関わる必要がある。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    今私も学童を経営しています。
    種々な子供達ですが、全てが学童のせいしてしまう保護者、私は子供一人一人がかわいいし、我が子の様に接しています。時には怒ったり、宥めたり、必要です。
    トラブル事は子供達は当たり前、この中で種々な事を学んで欲しい、思いやる気持ちを経営する側の立場、保護者の立場、我が子が一番と思う気持ち毎日がお互いに勉強です、

  • 匿名 より:

    自分の子どもに指導をしない親はいないと思います。指導をしていても、子ども同士のトラブルは起こるものです。ましてや、学校生活や学童には親はいないのですから、事故を起こさないように解決をするのは指導にあたる大人です。だからこそ、指導力が求められているのです。
    学校の先生は資格を持ち研修を重ねる体制が整えられているため指導力がありますが、学童の支援員にはそこまでの法制度も体制も整っていません。ですから、事故やこのような事業者の身勝手な受け入れ拒否が起きてしまいます。
    学童も子どもたちの集団であり福祉施設であるため、支援員の指導力が必要となり、この課題が行政に求められているのです。
    この課題を解決できるのは、行政しかありません。子どもたちの健やかな未来のために、改善がされることを願ってやみません。

  • 匿名 より:

    乱暴をしないよう、記事を書いた方はご子息に保護者としてご指導なさらないのでしょうか?
    「同学年の子供に乱暴する」に「粘り強く付き合い」今は「子供は落ち着いております」
    乱暴を受けて、怪我を負わされた経験を持つ保護者です。

  • 匿名 より:

    4月9日の「視点」を読みました。私には自閉症・知的障害のある子供があり、やはり学童受け入れに関して苦労した思い出がよみがえってきました。
    障害があろうとなかろうと、子供は理由もなく問題行動を起こすものではないと思います。行動を起こすのは子供ですが、その責を子供に押しつけることはできません。問題行動の陰に隠れた理由を見つけだし、解決するのは大人の責任であり、学童であれば設置者や管理者である行政の仕事です。
    学童における生活で一番問題なのは、「集団生活」ばかりが強調され、一人ひとりの子ども固有の特性や生活リズムを抑圧しがちなことです。うちの子どもの場合、聴覚過敏があり集団生活では安定を失いがちで個別の配慮が必要でした。障害者手帳を所有していたこともあり、特別に保育加算を受けて個別対応していただき乗り切ることができましたが、もしそれがなかったなら、問題行動を起こす子どもとして学童から排除されてしまったでしょう。
    問題行動を理由に学童保育の利用を拒否できるのであれば、それはもはや公的サービスとはいえず、公金による補助を受けるという正当性を失います。
    それにどのような行動をもって、それを問題とするのかは人によって大きく基準が異なります。「大人のいうことを聞かない」から問題だというのは、子供の問題ではなく、大人の指導力の問題です。
    子育て支援は経済性や効率性を元に判断してはならず、一人ひとりの特性にあわせた体制づくりが必要です。