ヨシタケシンスケさん、五味太郎さん、角野栄子さん… 大好きな作家とつながる場「子どもの本の学校」 オンライン受講者を募集 

長壁綾子
子育て世代がつながる
 子どもの本専門店「クレヨンハウス」(東京都港区北青山3)は、8月から来年7月まで月1回、大人が対象の連続講座「子どもの本の学校」を開く。今年で30年目を迎える人気企画で、作者と読者を結ぶ場になっている。オンライン受講者を募集している。

第1回は8月15日 絵本作家・いとうひろしさんが登壇

 絵本作家の荒井良二さんや長谷川義史さん、児童文学作家の角野栄子さんら13人が講師を務める。8月15日の第1回は、絵本作家のいとうひろしさんが、9月12日の第2回は、児童文学作家の岡田淳さんが登壇する。

 開催は月1回の土曜日で、午後4時開演。会場で受講する30人の枠はすでに埋まっている。年間を通して全国から参加できるオンライン(Zoom)でも開催するのは初めて。オンラインの参加料金は年間会員で1万2500円(入会金500円を含む)。1回ごとの参加は1000円。年間の予定などの詳しい案内やオンライン受講の申し込みは、同店ホームページで。問い合わせは、クレヨンハウス=電03(3406)6492。

あなたへのおすすめ

PageTopへ