<わたしの糧ことば・特別編>くわばたりえさん「手抜き料理じゃなくて息抜き料理」

(2017年2月16日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真はお笑いタレントのくわばたりえさん

3児の母で、お笑いタレントのくわばたりえさん

手抜き料理じゃなくて 息抜き料理でしょう

 自分のブログに「手抜き料理」と書いた時、コメント欄に届いた先輩ママの一言です。肩の力が抜けましたね。「息抜き」と考え方を変えるだけで、こんなにも気持ちが楽になるのかと。

 毎日、子育ても家事も、やらなければいけないことがたくさんある。ごはんを作らなきゃいけない、と思うだけでしんどいときだってありますよ。「たまには買ったお総菜やレトルトカレーだっていいやん」って。

 子どもたちは、スーパーなどでコロッケや春巻きをパックに入れて、輪ゴムをするのが上手になってしまいました。でもいいんです、息抜きだから。笑顔で過ごせるならいい。

 だからパパたちも、もしママがレトルトカレーを食卓に出してきたら、「なんで作れへんの?」でなくて、「疲れてるんだな」と思ってほしい。かける言葉は「またレトルトカレー食べたいな」でお願いします!

くわばた・りえ

 大阪府出身。お笑いコンビ「クワバタオハラ」のボケ担当。3児の母。著書に「くわばたりえの子育ての悩みぜ~んぶ聞いてみた!」。

糧ことば

 人生の先輩などから言われて救われた子育てに関する言葉。共有することで、独りぼっちで悩みがちなママたちの心を少しでも軽くしたい-との願いを込め、広告会社・博報堂の「リーママプロジェクト」のメンバーが名付けた。東京新聞では2016年9月から2年間、読者から寄せられた「わたしの糧ことば」を連載。著名人による特別編も5回掲載した。

あなたへのおすすめ

PageTopへ