東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

パパ記者通信(10)3歳の娘は左利き。右利きに矯正するべきか?

佐野周平 (2017年7月19日付 中日新聞朝刊)

 左利きの娘を右利きに矯正すべきか。私も妻も右利きで、左利きだと何が問題なのか判然としない。一生付き合う利き手だけに、なかなか結論を出せないでいた。

 妻は「早く決めた方がいいのでは」と迷っている様子。私は右利きの方が無難だろうという漠然とした思いはあったが、矯正するほどの必要性は感じていなかった。なにぶん予備知識がなかったので、インターネットで情報収集することに。

 気になったのは、左利きだと字を書きにくく、特に書道の時に苦労するという意見だった。娘はまだ字を書けないので、右手で絵を描かせてみた。すぐに左手でペンを握り直し、何度やっても結果は同じ。一筋縄ではいかなそうだと感じた。

写真

左利きの娘。右手にクレヨンを持たせるとすぐに持ち替えてしまう

 榛原総合病院(静岡県牧之原市)の小児科医・金憲徳さん(50)は、小学校低学年の時に字を書く時だけ右手に矯正している。「右手の方が字をきれいに書けて、姿勢もよくなった。字を書く時だけ右手に矯正するのもありだと思う」と語る。

 「矯正にストレスは付き物だが、子どもはストレスとの付き合い方を自然に学んでいく」と指摘し、「矯正させるなら、子どもが楽しみながら取り組めるように工夫してあげて」と助言してくれた。

 妻と話し合い、字を書く時だけ右手に矯正する方向で進めようとなった。ただし、娘が嫌がり続けるようなら、きっぱり諦めるつもりだ。左利きでも何ら問題ないと思っている。