「海の危険生物」しながわ水族館で特別展示 かまれて呼吸困難、刺されて死亡例も

井上靖史 (2022年7月24日付 東京新聞朝刊)
写真

とげに強い毒があるハナミノカサゴ=しながわ水族館提供

 品川区のしながわ水族館で、海で遭遇する可能性がある危険な生き物を紹介した特別展示が行われている。担当者は「海に出かけることも多い季節。水族館で観察し、見掛けても近寄らないように注意してほしい」と話している。9月25日まで。

ヒョウモンダコなど10種類30点

 展示しているのは、ハナミノカサゴやハブクラゲ、ヒョウモンダコなど10種類30点。水族館として独自に危険度も掲示している。

写真

刺されると激痛が走るハブクラゲ=しながわ水族館提供

 サンゴ礁の海などで見られるハナミノカサゴは鮮やかな見た目と異なり、とげに強い毒を持つ。浅い海の岩礁などにすむヒョウモンダコも唾液に神経毒が含まれ、かまれると呼吸困難を起こすことがある。ハブクラゲは刺されると激痛を引き起こし、複数の死亡例もある。

blank

唾液に神経毒があるヒョウモンダコ=しながわ水族館提供

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2022年7月24日

0

なるほど!

0

グッときた

0

もやもや...

1

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ