東京都の待機児童、初めて1000人切る 今年4月1日時点 ゼロは大田区、練馬区、葛飾区など26自治体

松尾博史 (2021年7月29日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
 東京都は28日、今年4月1日時点の待機児童数は、前年より1374人減り、969人だったと発表した。5年前の2016年には8466人だった。統計を取り始めた1970年以降で1000人を切るのは初めて。

減少数多かったのは江戸川、中央、調布

 東京都によると、前年に比べて認可保育所の施設数は152カ所増の3477となり、定員は約1万人増の約31万3000人となった。都独自の基準で補助金を交付する認証保育所の施設数は37カ所減で、定員は約1400減の約1万7000人となった。

 前年比で待機児童の減少数が多かったのは江戸川区(154人)、中央区(117人)、調布市(103人)の順だった。待機児童がいない自治体数は前年の18から、新たに大田区、練馬区、葛飾区、東大和市など8つの自治体が加わり計26になった。

 待機児童がいる自治体数は36。小平市(86人)、中央区(85人)、町田市(76人)の順に多かった。

 都の担当者は「都の財政支援などによって、区市町村の保育所の整備が進み、利用しやすくなっている」と説明している。都の集計は、特定の保育所の利用を希望している場合などは待機児童に含めていない。 

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2021年7月29日

あなたへのおすすめ

PageTopへ