東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

「お母さん業界新聞」が来月30年目 押しつけず、肩肘張らず

志村彰太 (2019年1月10日付 東京新聞朝刊)
 全国の母親らに子育て情報を届け、読者が悩みを共有する場にもなっている月刊「お母さん業界新聞」が来月、30年目を迎える。発行するトランタンネットワーク新聞社(横浜市神奈川区)の藤本裕子社長(62)は「女性活躍と盛んにいわれるが、お母さんであることだけで素晴らしいと伝えていきたい」と思いを新たにしている。
写真

新聞を手にこれまでを振り返る藤本さん=横浜市神奈川区で

発行部数は当初の500部から13万部に

  藤本さんは1990年2月、「30代女性がすてきに過ごせるように」との考えから、フランス語で「30歳」を意味する単語を付けた「トランタン新聞」(A4判16ページ)を創刊した。2008年に現在の名称になり、タブロイド判八ページに変更。発行部数は当初の500部から13万部に増えた。

 「『自分らしく生きたい』という心の叫びを表現したかった」。藤本さんは創刊の動機をこう振り返る。結婚後、通信制大学で経済学を学びながら3人の娘を育てた。子育てが落ち着いて働こうにも、当時、3人の子持ちの女性に就職先はない。自己実現の場を探して行きついたのが母親の思い、価値観を発信する新聞の発行だった。

母親ファッションショーなど催しも

 紙面は、7人の社員とボランティアが取材・執筆する「輝く女性とは」「選挙で母親の声を届けよう」といった特集記事、読者インタビュー、投稿で構成。全国の母親が集まるファッションショーを開くなど催しにも力を入れる。

 25年、購読を続けている仙台市若林区の主婦佐藤るみさん(59)は「子育てで家に閉じこもっている時にこの新聞を見つけた。記事を読み、イベントに参加すると社会とつながっている実感が持てる」と話す。

新聞と地域のつながり強めたい

 この間、全て順調だったわけではない。「子育てのコツの発信」「生きること」など壮大なテーマを掲げた号では、悩んで自信のある記事が書けず、自分で決めた方針に自ら振り回されていると気付いた。

 「子育てのあるべき姿とか、1つの答えを押しつけると、その通りにいかなくて母親は悩む」と藤本さん。最近は「母になって私はこう変わった」といった、肩肘張らずに読める特集を組んでいるといい「新聞と地域のつながりを、より強めていくことが今後の目標」と語った。

 購読料は年6000円。問い合わせは同新聞社=電045(444)4030=へ。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年1月10日

関連記事