〈えほん〉「アリになった数学者」文・森田真生 絵・脇阪克二

長壁綾子 (2019年3月1日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

(長壁綾子撮影)

 数学者はアリになった。6本の脚は簡単にあやつることができ、目はほとんど見えないが苦ではない。数学者は地上2ミリの世界に輝きと刺激を感じた。

 数学者は、アリたちと数学について語りたいと願った。アリたちに人間の数学、数は理解されるだろうか-。

 本書は「1とは何か」という問いから発想して書かれた。私たちが疑うことなく使っている数は、いろんな見方、とらえ方ができるものなのかも。

 大きな数学の宇宙の入り口へ、アリたちが導く。1404円。福音館書店=電03(3942)1226。

あなたへのおすすめ

PageTopへ