東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

「共働き」という言葉にちょっと待った。専業主婦だって「働いて」いる!

三浦耕喜 (2017年6月5日付 東京新聞朝刊)
 「共働き」と「共稼ぎ」。一般には、ほぼ同義語として使われるが、よくよく考えると大きな違いがある。実は、5月1日の「メーデーに考える『労働運動』」の京都大大学院経済学研究科の久本憲夫教授(62)へのインタビュー記事の掲載後、「共働き」という言葉を使ったことで教授におしかりを受けた。「これでは私の長年の主張を自己否定したことになる」と。記者個人にとっても教授は学生時代に世話になった方。早速、再び京都に向かった。

「共稼ぎ」という言葉を使うべき、その理由

 記事は、これからの労働組合の課題について問うたもの。長時間労働に関する労組の役割、労働者の意識について尋ねたところ、教授は、労働者側にも夫が残業した方がいいという意識があると指摘。夫が働き、妻は主婦という場合、主婦がパートに出るより夫が残業した方が得と思われているからだ。しかし、男女の雇用が平等な時代。夫婦共に正社員として収入を得るモデルへの転換を訴えた。

 そして、労組の要求はこれまで「お金」が主だったが、夫婦が共に収入を得る仕事をするなら、家事や子育てには「時間」が貴重になるため、労組の要求項目としても時間が重要になるとした。その中で、教授は夫婦共に収入を得ることを「共稼ぎ正社員モデル」と表現した。

 ただ、新聞で使う言葉にはルールがある。できるだけ一般的な表現を用いる。本紙が準拠する用字用語集「記者ハンドブック」にも「共稼ぎ」は「なるべく『共働き』に言い換える」とある。そのため、「共働き」と紙面化したのが、教授のおしかりの理由だ。

 再び研究室を訪れた記者に教授は諭した。「私は繰り返し『共働き』は非学問的で、『共稼ぎ』という言葉を使うべきだと主張してきました。『共働き』は家事や育児を仕事や労働とみなさない用語だからです」

写真

収入はなくても「むしろ責任の重い労働」

 学問とは精緻な分析・考察を重ね、問題のありかと方途を探るもの。言葉の使い方にも人や社会の在り方を嗅ぎ取る。一言に「労働」と言っても、「収入が伴う『稼得労働』と、収入が伴わない『非稼得労働』がある」と教授は説く。

 なので「稼ぐ」ばかりが労働ではない。稼ぎはなくとも、家事、育児、介護は暮らしに不可欠な労働だ。「会社で売り上げや製品に責任を持つように、労働とは責任を伴う行為とも定義できる。その意味では、子育てや介護の方がむしろ責任は重い」と教授は説く。

 「共働き」なら専業主婦もやっている。夫の陳腐な言い草に「俺が働いて、おまえらは食わせてもらっているくせに!」というのがある。妻は悔し涙を浮かべてこう思うだろう。「私だって働いている。家事も子育ても全部やっている…」

なのに家事・育児は「労働」から外されてしまった

 だが、妻も社会で活躍し「稼」ぐ時代となった。家事や育児を働きとして重んじながら、どのようにして夫婦共に稼いでいくか。それには、家事労働をどう分担するか考えなくてはならない。その視点に至ることにも、「働」と「稼」を分けて考える意義がある。

 「夫婦共に収入を得ることは『共稼ぎ』とよぶべきなのです。『稼ぐ』には『出稼ぎ』のような貧困につながるイメージがあった。なので『共働き』という表現が一般化したのでしょう。でもその結果、家事、育児、介護が『労働』から外されてしまった」

 わずか漢字一文字の違い。しかし、その違いを考えることは、「働く」ということをあらためて問うてみることでもあった。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

コメント

  • 匿名 より:

    私がやっていることは、仕事をしているのと変わらないのだとこの記事を読んで理解できました。
    専業主婦はいつも暇と、ネット社会では言われています。
    だから、私が育児や家事をしていてもこれは暇なことのひとつだと思っていました。みんな働いて稼いで帰ってくる。それが偉いのだと刷り込まれていたところがありました。
    考え方をすこし変えることができそうです。
    ありがとうございました。

  • 匿名 より:

    今は専業主婦は何故か悪者で、排除したそうな世の中ですよね。犯罪者に近いような言われ方です。
    私がそうですが目に見えない病気の主婦もいらっしゃいますし、専業?と眉に皺を寄せて言われて戸惑ったのを覚えています。

  • 匿名 より:

    13年専業主婦をした後、保育士試験で資格を取ったパート保育士です。今はダブルワークの状態だと思っています。主人にもそう言って、色々家事やってもらってます。
    下の娘は幼稚園の延長保育に行っているので、プラス料金。育児の一部を他にお願いして働いているわけです。家事の一部をお金を払ってお願する家庭もありますよね。
    家事は絶対仕事です。専業主婦の仕事全てを他のサービスに頼んだら、一体いくらになるのでしょうか。 考えてほしいです。

  • 匿名 より:

    このサイトの「幼稚園・保育園」というカテゴリは保育園の記事ばかり。きっと共働きの記者が自分たちと同じ共働きのためにと作っている記事なのだろう。乳幼児を抱える専業主婦はいまや世間から無視されている。「共働き」か「共稼ぎ」かなんて言葉遊びよりも専業主婦や幼稚園に通わせている家庭のための記事も作ってください。

  • 匿名 より:

    とても共感できます。
    私の実家は、母が専業主婦ですが、母が働いていないとは思ったことがないし、実際学生になって一人暮らしをして、家事を全て自分でやってみて、いかに大変なことか身をもって知りました。社会人になってからは家事をやるのは尚更大変です。
    一人分の家事でも大変なのに、家族全員分の家事、そこに加えて子育て。
    母は常に動いていました。休みの日なんてありません。そして、仕事で疲れた、と言い訳ができない。
    昔は稼ぐという言葉に抵抗があったかもしれませんが、それも古臭いと思います。稼いでるのは事実だし、格好悪い言葉じゃないと思います。
    共稼ぎ、という言葉で、多くの専業主婦あるいは主夫の気持ちが救われると思います。究極の無賃労働、奉仕をしているわけですから。

  • 匿名 より:

    まったくです。ありがとうございます。夫は、名ばかり。誰のお陰で…大分前に言われました。お給料貰う以外何もしないのに。子供の運動会も朝帰りで飲んできます。1日ソファーに座ってます。色々山ほど親として理不尽な事を言います。私は年中無休!と言ったら、鼻で笑いました。家の事、子供の事を何もしないくせに。
    専業主婦は楽で良いとおっしゃるご家庭は、ご主人が協力的なのでしよう。羨ましい限りです。
    専業主婦でいるのは、何もしない夫を見ながら、急いで帰って洗濯物取り込んでたたんで、食事や子供達の宿題や学校の事を聞いたりして、更にイライラする自分でいるのが嫌なんですよ。
    楽そうに見えるなら、どうぞ変わって下されば。

  • 匿名 より:

    共稼ぎで共働きです。
    育児は平等にやっています。
    それぞれの苦労があるとは思いますが、ウチの妻から言わせれば専業主婦はそこまで忙しくないだろうと言ってます。
    責任は平等ですし、旦那サイドの偏見とかではないですが専業主婦で居られることが子供との時間を多く取れて幸せだと思った方が良いかと思います。
    色々思うところはありますが、このへんで。

  • 匿名 より:

    ずーっと以前から、「共働き」言葉に違和感がありました。家事、育児、介護をカネを生み出さないからと軽視するのは間違っている!と。
    久本憲夫先生の説明に胸がスッとしました。
    どんな言葉を使うかは価値観の表れ。新聞は時代の空気を作る(かつては世論形成(笑))のですから、どうぞ繊細かつ緻密であって下さいね。