<えほん>「花のすきなおおかみ」文・きむらゆういち 絵・葉祥明

長壁綾子 (2020年5月29日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

(長壁綾子撮影)

 「おおかみのくせに」と言われても、ウルは地面に根を張り、精いっぱい、笑顔で咲いている花を愛していた。ある日、ウルは花が好きな男の子のおおかみ・ルーフと出会い、ともに花のお世話をする。

 そんな2匹に、イジメッコたちは石を投げたりするようになった。「相手にするな」と笑っていたルーフだったけど、あの日は様子が違っていて-。

 「春になったら、あの丘の上にきてごらん」。ルーフの言葉を思い出したウルがそこで見た景色とは…。愛にあふれるものがたり。

 1650円。新日本出版社=電話03(3423)8402。

あなたへのおすすめ

PageTopへ