4人のゾンビが襲いかかってくる〈お父ちゃんやってます!加瀬健太郎〉

(2021年2月5日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

バナー

写真

 長男は、いまだ半袖半ズボン。「風邪ひくと大変だから、上着を着てよ」と妻がどれだけ言っても、「オレは誇り高き戦士だから」と訳のわからないことを言って、半袖半ズボンで学校にいく。

 ところで、四男が生まれて、はや4カ月。そろそろ夫婦そろって、子育てに息切れしてきた感がある。親2対子4のバランスは、思っていたよりもハードで、4人のゾンビが次々に襲いかかってくるよう。

 近頃は、上の2人がくだらないことでけんかして泣く、三男は眠いから泣く、四男はとりあえず泣くので、誰も泣いていない時がないぐらいで、こっちが泣きたくなってくる。

写真

 それでも、ぷくぷく太ってきて、表情も出てきた四男が、かわいすぎて脳みそが溶けるのか、「やっぱり一人増えてよかったなあ」と思うのです。

 その四男は、風呂に入ると必ずといっていいほど、うんちをする。乳児特有の黄色い液状のうんちは、その流出を必死で食い止めようとする風呂おけをすり抜け、無念にも湯船全体に広がっていく。

 「うんちだ!」と、子どもたちがクモの子を散らして風呂から出ていく中、僕は寒いし、出しなにシャワーを浴びれば済む話と覚悟を決め、「たまごスープみたいだな」と思って、引き続き湯船につかっている。

 猛烈に冷え込んだ朝、長男は、とうとう戦士の誇りを捨て、パーカーを着て学校に行った。下は半ズボンのままだけど。

写真

加瀬健太郎(かせ・けんたろう)

写真

 写真家。1974年、大阪生まれ。東京の写真スタジオで勤務の後、ロンドンの専門学校で写真を学ぶ。現在は東京を拠点にフリーランスで活動。著書に「スンギ少年のダイエット日記」「お父さん、だいじょうぶ?日記」(リトルモア)「ぐうたらとけちとぷー」(偕成社)など。10歳、7歳、3歳、0歳の4兄弟の父。これまでの仕事や作品は公式サイトで紹介している。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    たまたま読みましたが、すごく面白くて笑ってしまいました。子育ての大変な部分と幸せな部分の両方のドタバタがすごく伝わってきて、、写真も素敵です。一冊の本になると良いなと思います。

  • 匿名 より:

    加瀬さんファミリーが、おもしろくて大好きです!私も10歳、8歳、3歳、0歳の男の子4人の母になり、加瀬さんちの様子がものすごぉくわかります。大変です、でも幸せだなーって思えることが増えて楽しいのです!加瀬さんの記事とブログが、子育てのつらいところも笑いに変えてくれて、よく1人で笑ってます。ありがとうございます!

あなたへのおすすめ

PageTopへ