〈えほん〉「しかくいまち」作・戸森しるこ 絵・吉田尚令

長壁綾子 (2021年2月26日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

(長壁綾子撮影)

 しかくいまちで暮らす「かくさん」には口がない。この町には、文字や感情もない。だから、穏やかでとても平和だ。

 ある日、かくさんが川沿いの道を歩いていると、1人の男の子が流れてきた。かくさんが男の子を助けると「きみはだれ? どうしてここにいるの?」と尋ねられるが、理解できない。数日間を2人で一緒に過ごすうちに、気持ちを持たないかくさんにも感情が芽生えてきて。

 まったく違う相手と触れ合うことで新しい世界が広がる。互いを理解することで生まれた友情を静かに描く。1540円。理論社=電話03(6264)8890。

あなたへのおすすめ

PageTopへ