〈えほん〉「世界じゅうの女の子のための日 国際ガールズ・デーの本」文・ジェシカ・ハンフリーズ、ロナ・アンブローズ 絵・シモーネ・シン 訳・解説・国際NGOプラン・インターナショナル

(2021年11月12日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

(長壁綾子撮影)

 伝統武術を練習し、自分の安全を守る方法を身につけたフローラ、学校に通うことを禁じられ、おばあさんにこっそり字の読み方を教えてもらったハナ…。

 教育や健康、衛生、早期婚、暴力などの問題を実際に経験し、自ら声を上げ、社会をよりよくするための変化を作り出した世界各地の少女たちの物語を描く。

 世界中の全ての女の子たちが自信に満ちた笑顔で、自分の夢を描けるようになるために、私たちにできることは? 登場する9人の物語を通して、ジェンダー平等について理解を深め、考え続けたい。

   2860円。大月書店=電話03(3813)4651。 

あなたへのおすすめ

PageTopへ