<記者の視点>生理でプール見学の女子に筋トレさせるなんて 人権尊重の観点含めた性教育が必要

(2021年9月3日付 東京新聞朝刊)
 「中学生の娘が生理で水泳の授業を見学すると、プールサイドで腕立て伏せ、腹筋、背筋各50回を指示される」。読者の投稿を読み、個人が尊重されない教育現場の実情に暗たんたる思いを抱いた。
写真

読者部の小形佳奈記者

腕立て、腹筋、背筋各50回 プール掃除も

 投稿者の長女で中学1年の女子生徒は「経血量が多めで、友だちと比べて、頭痛や腹痛がひどい」と生理中の症状を説明する。プール授業の見学理由を「生理中」としても、水着を忘れた人と同様に筋トレを課され「授業で成績が付けられないから」とプール掃除もさせられるという。

 記者も中高生時代は生理痛がひどかった。経血量が多い日はプールの授業を見学したが、運動させられた記憶はない。女子生徒が受けたという指導に驚きと怒りを覚えた。

 女子生徒が暮らす自治体の教育委員会は、管内の全中学校から聞き取りをしたが、体育の授業で「体調不良の生徒に筋トレをさせた学校はなかった」という。そして「学校の返答と保護者の訴えがかみ合っていない。真摯(しんし)に受け止めるよう、各校に伝えた」と付け加えた。

「成績に響く」と、体調不良を言い出せず

 女子生徒は「他の子は生理中でも動けている。体育の成績に響く」と感じ、「体調不良」とは言い出しにくいと訴える。学校側で筋トレをするのがつらいほど生理中の症状が重い生徒がいることに気付いていない可能性がある。

 検索サイトで「生理 水泳」と打ち込むと、次の変換候補に「ナプキン」「休めない」「何日目でプール入れる」が上位に出てきた。水着にナプキンを当てて入る? 休みたいのに…。悩む姿が思い浮かぶ。SNS上では「見学者は筋トレ」「校庭を走らされた」といった経験談が並ぶ。

 思春期外来の診療に携わる産婦人科医伊藤加奈子さんは「生理中でも、プールに入りたい人は入っていい。衛生的にも問題はない」。一方、生理中の体調はそれぞれで「体調が悪いのに筋トレをさせたとしたら体罰に当たるのではないか。つらくても頑張る人が評価される価値観も変えなければ」と指摘する。

大人の知識不足から生じる配慮のない指導

 さらに、学校での包括的な性教育や見守る大人の知識が不十分なため、生理中の個々の体調に配慮が及ばなかったり、「生理だからプールに入ってはいけない」といった間違った解釈がされたりしている、とみる。そして、生理痛が重い、経血量が多いといった症状は「我慢せず、婦人科で相談を」と呼びかける。

 伊藤さんの指摘する通り、配慮不足の指導がされるのは、教員自身も生理についてよく知らないからだろう。ジェンダー平等や性の多様性など、人権尊重の観点も含めた性教育が必要だ。

 もう一点。女子生徒は「成績に響く」から言いたいことを言えないとしている。遠慮なく申し出られる雰囲気づくり、リポート提出で補うなど、個々の状況に沿った対応があれば、より安心して授業に臨めるのではないだろうか。 

6

なるほど!

3

グッときた

22

もやもや...

5

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • 匿名 says:

    私が中学(私立)の時も、プールを休む時に保護者連絡を書き忘れた人達は筋トレさせられてました。

    私は生理痛が激痛で体育を見学してる時は片付けは見学者にさせられたので、激痛がトラウマです。

    女の体育教師でしたが息子しかいなく男子を溺愛しており「女子の生理より、男子の射精のほうが可哀相だ」、修学旅行で男子がお風呂を覗いてきたのに「長く入ってるあんたたちが悪いでしょ」なんて女子を怒る女の先生でした。

    高校に入ってからも、生理中に体育をしたら次の日、激痛でのたうち回って病院行きましたが、そこでも悪口を言われました。

    生理の教育も学校も親も何も教えてくれなく、周りも理解がない、とんでもない時代に産まれてしまいました。生理が重いので早々に会社員は諦めました。女に産まれたくなかった。

     女性 30代
  • says:

    医者です。
    わたしが水泳が必修の小中高生だった頃からもう40年以上も経過してるけど、発想が激しく後退してる事に驚きを禁じ得ない。

    何回も休みたくなくて生理終了直後に水泳参加したら、平素と比べて驚く程身体が重くてビックリした経験がある。
    月経困難ない身でも辛かったので、月経前緊張症や月経困難の人は、無理して生理前後に水泳してたなら、もっともっと辛かったと思う。
    タンポンなんかも市販してなかったしね。

    でも…、おばちゃんの頃でさえ、生理による体育見学に対するペナルティなんて、全くなかったよ。
    体育座りして、見学してた(それでさえ「生理」とバレるだけでも恥ずかしかったけどね。)。
    時代は進んでるし、昔みたいに生理の話題をみんなで語れなかった時代でもなくなった筈なのに…、酷い時代錯誤、後退。

    これ、生理になった事もない立場の男性が決めたルールだとしたら、尚更酷いけど…、
    記者さんには、そこんとこもっと掘り下げて、「一体どうゆう根拠や魂胆でそんな事やらせてるのか?」と、是非、指名で決定した教師にインタビューして欲しい。

    もし平等に履修させる事が目的なら、別日に授業と全く同じメニューをやるのが筋なんじゃないの?
    ジェンダー平等とは、性差を無視する事ではないです。性別や体質を考慮した上で、扱いに差をなくす事です。
    これは(月の4分の1は生理で苦しむ事が運命)である女性への明らかな差別です。

    発想が狂ってる。
    決めた人に言いたい。「貴方、将来の日本を支えてくれる子供を産んで欲しくないの?」と。

    生理は、女性だけの問題ではないのよ。出産時期除いて40年間、4週に1週(要するに、女は、単純計算すれば10年間、実に人生の9分の1は「生理中」なんですよ!)生理で苦しいのを我慢してくれる女の子達が居るから、子供も生まれるし、日本が成り立ってるの。

    そんな生理中の女の子を大事にしない輩は、「子供産むな」と言ってるのと同等と自覚し、猛省すべし。

    昭和に生まれたら良かったね、と被害者には言いたい位。
    …呆れてしまった。

    の 女性 60代
  • 匿名 says:

    私が通っていた県立高校では、プール授業を休むと生理や体調不良関係なく腹筋・背筋・腕立・校庭を走らされました。
    それに加えて後日補講で、休んだ日数×300m泳がなくてはいけませんでした。
    今思うと理不尽だなぁと思います。

     女性 30代
  • 匿名 says:

    記事を書いてくださり、問題提起してくださったことにまず感謝いたします。自身の経験でも、大学の体育の授業で、生理と重なったために教員に見学を申し出たところ、成績を下げざるを得ないと言われました。レポートなどの救済措置はなく、補修の機会も与えられないまま自動的に成績を1段階下げられ、納得がいきませんでした。男子だったらこういうことはないのか。。ともやもやしたものの、面倒な学生と思われてますます成績を下げられたら?と思い泣き寝入りしてしまいました。今にして思えば、学部長などに訴えるなど、大学全体に問題的をし、後の人のためにも行動を起こすべきでした。今からでも遅くない、卒業してずいぶん経ちましたが、今の学部長や学科長に手紙を書いてみようと思います。この記事のおかげです。ありがとうございます。これからもどんどん書いてください!

      
  • 匿名 says:

    男だから反対に女性は大変だなとおもいます。高校の保体教諭でしたが、生徒が辛いと連絡くれたら見学は自由にさせてあげました。教諭の右傾化と言うよりも個人的な体罰にしか思えません。

      
  • 匿名 says:

    論外の体育教員だが、その子をフォローする担任や保健師が居ないと言う問題も重要。

    つまり学校の右傾化がここまで来たかという絶望です。

    東京ならあり得る。

      
  • 匿名 says:

    何で日本には女性的現象を罰する傾向があるんでしょう?血の不浄的発想なんでしょうか。体調が悪い人は休む権利を与えられるべきです。男性は女性の身体について、もっと勉強してほしいです。
    大人社会でも生理休暇についての議論がやっとちらほら見聞きされるようになってきました。諦めずに、おかしな慣習だと感じたら声をあげて旧態依然な女性差別の社会を変えていきましょう。辛いと感じている人はたくさんいるはずですし、声がたくさん上がればきっと変わるはずです。

      
  • 匿名 says:

    娘が通っていた都立高校は生理中のプール見学は認められず、ナプキンも付けてはならず、病気ではないからとプールに入らされました。どうしても見学するなら大量のレポート提出とランニングが課されました。理解できなかったです。こんなおかしなルール、なくなってほしいです。

      

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ