浅草の「保健相談センター」 親子が気軽に立ち寄れる居場所に 12月2日オープン

天田優里 (2019年11月29日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
 親子が気軽に立ち寄れる居場所を作ろうと、新施設を備えた東京都台東区の「浅草保健相談センター」が12月2日オープンする。27日に新センターで落成式と関係者を招いた内覧会があった。

写真遊具やおもちゃがそろう「おやこるーむ」=台東区で 

専用授乳室や親子トイレも設置

 新センターは、旧センターがあった場所から北に約150メートルの距離に移転して完成。鉄筋コンクリート造の地上5階建てで、延べ床面積は約1500平方メートル。3階には、絵本や遊び道具をそろえた「おやこるーむ」を新たに常設。開設日の午前9時から午後4時半まで、自由に利用できる。

写真

オープンする浅草保健相談センター

 専用の授乳室や親子トイレも新設したほか、相談室を従来の1室から4室に拡充した。2階には歯科相談室や診察室、5階には会議室を設けている。開館は平日午前8時半~午後5時15分。

 落成式には、区の関係者ら約60人が参加。服部征夫区長らが1階の多目的ホールでテープカットした。 

あなたへのおすすめ

PageTopへ