浅草のバンダイ本社ビルを丸ごと”プレゼント”! アンパンマンやドラえもんもクリスマス仕様に

井上幸一 (2019年11月29日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

サンタの帽子をかぶるなど、クリスマス仕様となったキャラクター

 浅草エリアに本社を置く大手玩具メーカー「バンダイ」(東京都台東区駒形1)は、クリスマス商戦に向け、社屋を「ラッピング」するなどして年末の華やいだムードを演出している。女優の今泉佑唯(ゆい)さん(21)が参加して11月下旬、本社でクリスマスセレモニーも行った。 
写真

リボンのラッピングがされたバンダイの本社ビル=いずれも台東区で

12/25まで、社屋をラッピング装飾

 同社によると、クリスマスをイメージした社屋のラッピングは初めて。ビルを大きなプレゼントに見立て、壁面に赤と緑色のリボンをかけたようにした。社屋前に設置され、普段から子どもや外国人観光客らに人気のキャラクター立像八体も、平日の日中はクリスマス仕様に。アンパンマンやドラえもんが、サンタにふんしている。天候により実施しない場合もある。いずれも12月25日まで。

 セレモニーには、川口勝社長が登場。社屋のラッピングについて、「かなり派手で、最初見たときに、とうとうバンダイ本社が売りに出たと思った」と冗談で笑わせ、「玩具業界にとってクリスマスは最大の商戦。めいっぱい盛り上げたい」と話した。今泉さんは子どもたちに一足早いプレゼントを手渡した。

写真

子どもたちにプレゼントを手渡す今泉佑唯さん(左)

1・2階はミュージアムスペースです

 バンダイでは、浅草を訪れる観光客らに日本の文化のアニメ、キャラクター、玩具などの情報発信をする基地として本社を活用しようと、無料見学スペースの1、2階を大幅に改装。セレモニーの後に公開した。1階にはガンダムのシャアの像と一緒に写真が撮れるいすや、画面に触れて商品情報などが得られるデジタルインフォメーションウォールなどを設けた。2階は1950年の創業からのバンダイの商品、キャラクターの歴史を順を追って紹介するミュージアムスペースとなった。

 平日午前9時~午後5時半。社内行事、混雑状況などで入館できない場合もある。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年11月29日

あなたへのおすすめ

PageTopへ