何度言ったら… わが家の夏の小言トップ3〈お父ちゃんやってます!加瀬健太郎〉

(2021年9月3日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

お父ちゃんやってます!加瀬健太郎

 今年のお盆も僕の実家のある大阪には帰らなかった。「オリンピックやるぐらいだから、実家に帰るぐらいいいだろ」とも思ったが、なんとなく気が引けて帰らなかった。

 帰らなかったにもかかわらず、家の中で騒ぐ4人の子どもを見て妻が、「お盆でいとこが集まってる時のようにうるさい」と言った。確かに。

 そんな、いつもドタバタうるさいわが家ですから、僕たち夫婦もいろいろと子どもに小言を言ったりします。そこで、わが家でこの夏、子どもにどんなことをよく注意したのか発表したいと思います。

 この夏、子どもに一番多く言ったなと思うのは、「クーラー入れてるからドアしめて」です。何度言っても、何度言ってもドアは開いたまま。不思議です。聞こえているんでしょうか?

 お次は第2位。「蚊が入るからドアしめて」です。赤ちゃんが蚊にかまれると、赤くぷくっと腫れるので、ちゃんと玄関のドアを閉めてほしいのですが、いつもきれいに開いています。おかげで子どもが外に出ていくたびに、玄関を見に行く癖がつきました。

 そして最後は、第3位の「トイレ流して」です。いつも流れていません。妻が僕のことを疑ってくるので、ちゃんと流してもらいたいものです。

 とかなんとか言ってたら、もうすっかり秋っぽくなってきた今日この頃。気がついたら、「暖房入れてるからドアしめて」って言っていると思います。

加瀬健太郎(かせ・けんたろう)

写真

 写真家。1974年、大阪生まれ。東京の写真スタジオで勤務の後、ロンドンの専門学校で写真を学ぶ。現在は東京を拠点にフリーランスで活動。最新刊は「お父さん、まだだいじょうぶ?日記」(リトルモア)。このほか著書に「スンギ少年のダイエット日記」「お父さん、だいじょうぶ?日記」(同)「ぐうたらとけちとぷー」(偕成社)など。10歳、8歳、3歳、0歳の4兄弟の父。これまでの仕事や作品は公式サイトで紹介している。東京・吉祥寺の「Prism Lab.KICHIJOJI」で、加瀬さんの写真展を開催中。9月5日まで。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    決して後ろを振り返らない、前向きなお子さんがたなんですね(笑)
    私はふだん大家族の賑やかな生活に触れる事がないので、加瀬さんの記事がいつも新鮮で楽しみにしています!

あなたへのおすすめ

PageTopへ