4兄弟の朝ごはん なぜ同じものを食べないのか…〈お父ちゃんやってます!加瀬健太郎〉

(2023年8月2日付 東京新聞朝刊)

写真

カット・お父ちゃんやってます!加瀬健太郎

 このほど、四男がトイレで用を足せるようになりました。「おちっこいってきまーちゅ」と言って、股間を手で押さえ、妻と僕が拍手喝采で見送る中、トイレにダッシュ。そっとのぞくと、便器のえらく端のほうに座り、悟ったような表情で用を足している。

 「でたよ~、3びき」と大きな声。見にいってみると、うんこが3個。大きいのから指さして、「こっちがパパでちょ、こっちがママでちょ、こっちがうさぎ」。パパを一番立派なうんこにしてくれてありがとう。

写真

 夏休みは、子どもの昼ごはんという仕事が増える。給食のありがたみが身にしみる。大体うちはお米を朝5合、夜5合炊く。それに夏休みの間は、昼に麺をはさむことが多い。

 たまには朝はパンにしたいのに、長男は、どこかの頑固じいさんみたいに米しか食べてくれない。次男は、ごま油とオリーブオイルが大好きで、小皿に入れた油を妖怪みたいになめている。三男は、肉を食べなくて、いつも納豆ごはん。納豆巻きをご所望する時もあり面倒くさい。四男は、卵かけごはん。みんな同じものを食べてくれたら楽なのにな、といつも思う。

写真

 お昼時、長男が部活から汗だくで帰ってきた。シャワーを浴びて、そのまま全裸で昼ごはんを食べようとするので、パンツぐらいはくように注意すると、「テーブルで見えないからいいでしょ」と長男。

 この猛暑で食欲が落ちてる上に、フルチンの中1男子と食卓を囲むのは、お父さん、すっかり夏痩せしそう。

加瀬健太郎(かせ・けんたろう)

 写真家。1974年、大阪生まれ。東京の写真スタジオで勤務の後、ロンドンの専門学校で写真を学ぶ。現在は東京を拠点にフリーランスで活動。最新刊は「お父さん、まだだいじょうぶ?日記」(リトルモア)。このほか著書に「スンギ少年のダイエット日記」「お父さん、だいじょうぶ?日記」(同)「ぐうたらとけちとぷー」(偕成社)など。13歳、10歳、6歳、2歳の4兄弟の父。これまでの仕事や作品は公式サイトで紹介している。

1

なるほど!

20

グッときた

0

もやもや...

5

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • Dzr kg says:

    私のいとこにも男4兄弟がいるのですが全員全裸で過ごしています

    気持ちがわかる気がします🥴

    Dzr kg 男性 無回答
  • じん says:

    我が家の男4兄弟話かと思いました(笑)
    レストランとでも思ってるのかとツッコミたいくらい
    それぞれ食べたい物頼みやがってコノヤローですよね(笑)
    でも結局可愛い(*^^*)

    じん 男性 30代
  • R says:

    四男ちゃんの、うんこを父ちゃんに見立ててしまうところ笑
    子どもの感性って素敵だなぁと思いました!

    R 無回答 無回答

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ