スマホを持った中学生の長男へ、僕が伝えたこと〈お父ちゃんやってます!加瀬健太郎〉

(2023年6月7日付 東京新聞朝刊)

写真

お父ちゃんやってます!加瀬健太郎

 「だれか~たすけてくれよ~」と叫ぶのが最近の四男のはやり。これを公園やスーパーでやるので、僕が不審者に見られやしないかとヒヤヒヤする。

 長男が中学校のバスケットボール部に入った。朝練がある日は、朝7時前に家を出て行く。なぜか用のない次男まで早く学校に行くようになり、「今日は学年で3番目に早く学校に着いたよ」とか毎日うれしそうに報告してくる。

写真

 そして先日、とうとう次男は全学年で一番早く登校した児童になった。が、次の日から、また前のように登校時間ギリギリまで家で漫画を読んでいる。

 なんで学校に早く行くのをやめたのか次男に聞くと、「パパにオリンピックで金メダルを取った人の気持ちわかる?」と答えた。あんたと一緒にしたらメダリストに失礼だ。

 「クリスマスと誕生日のプレゼントを合わせていいから、中学に入ったらスマホ買ってよ」と長男が昨年末からしつこく言ってくる。「中学生がスマホ?」とも思ったが、結局根負けし買うことになった。

写真

 僕は長男と次男を呼んで話した。

 「君たちもいろんな事に興味を持つ頃だ。スマホでエッチなのを見ることもあるかもしれない。そうすると、画面に『警告! このサイトを見た人はお金を払ってください』みたいなボタンが出る時がある。焦ってボタンを押したら絶対ダメ。そこは男同士、恥ずかしがらずお父さんに相談しなさい」

 半笑いの息子たちに伝えていると、横にいた妻が「あんたよく知ってるね」と言った。

加瀬健太郎(かせ・けんたろう)

写真 加瀬健太郎さん

 写真家。1974年、大阪生まれ。東京の写真スタジオで勤務の後、ロンドンの専門学校で写真を学ぶ。現在は東京を拠点にフリーランスで活動。最新刊は「お父さん、まだだいじょうぶ?日記」(リトルモア)。このほか著書に「スンギ少年のダイエット日記」「お父さん、だいじょうぶ?日記」(同)「ぐうたらとけちとぷー」(偕成社)など。12歳、10歳、6歳、2歳の4兄弟の父。これまでの仕事や作品は公式サイトで紹介している。

8

なるほど!

18

グッときた

0

もやもや...

1

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ