長男の誕生日を台無しにしてしまった〈お父ちゃんやってます!加瀬健太郎〉

(2022年8月5日付 東京新聞朝刊)

写真

お父ちゃんやってます!加瀬健太郎

 長男にメンチをきられた。「メンチをきる」というのは主に関西のヤンキー語で、「ひき肉を切る」という意味ではなく、「にらみつける」という意味。

 先月の長男12歳の誕生日。ケーキの最後のひと切れを、誰が食べるかジャンケンで決めていた時のこと。ジャンケンで負けた長男を僕が面白半分にはやし立てたのがいけなかった。長男が、ぎろりとにらんできた。

写真

 僕は思い出していた。昨年のプロ野球、阪神対ヤクルト戦。阪神ベンチのやじに、ぎろりとにらみ返した村上宗隆選手を長男とするなら、僕はにらまれて感情的に反応した阪神の矢野監督。

 次の瞬間、「親をそんな目で見やがってこの野郎」と僕は怒鳴っていた。楽しいはずの12回目の誕生日を台無しにしてしまった。

 なぜだろう。僕は常々、子どもたちが仕掛けてくる難題というトラップを知恵とユーモアで難なく切り抜けることのできる我慢強い、大きな父親でありたいと心から願っているのに、実際はトラップにことごとくハマり、時に自滅し、機転の利かない、感情的で、ちっちゃくてダメな父親になってしまう。12年も父親をやっているのに。

写真

 もし仮に、僕がドラゴンボールを7つ集めることができたら、「オラを新聞の子育て欄で連載を持つ資格があるような立派な父親にしてくれ!」とシェンロンにお願いすると思う。

 次の朝、昨晩のことを長男に謝ると、「僕もごめんなさい」とうつむいたまま気まずそうに言ってきた。余計に胸に刺さった。

加瀬健太郎(かせ・けんたろう)

写真

 写真家。1974年、大阪生まれ。東京の写真スタジオで勤務の後、ロンドンの専門学校で写真を学ぶ。現在は東京を拠点にフリーランスで活動。最新刊は「お父さん、まだだいじょうぶ?日記」(リトルモア)。このほか著書に「スンギ少年のダイエット日記」「お父さん、だいじょうぶ?日記」(同)「ぐうたらとけちとぷー」(偕成社)など。12歳、9歳、5歳、1歳の4兄弟の父。これまでの仕事や作品は公式サイトで紹介している。

0

なるほど!

13

グッときた

0

もやもや...

0

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • 匿名 says:

    加瀬さんと同年で長子の年も同じなので、今回の加瀬さんの思いもお子さんの思いもよくわかる気がします。
    ただし、私がお願いできるとしたら、加瀬さんのような親になりたいとお願いしたいです。これからもエピソードを楽しみにしています。

     女性 40代
  • 三児の母 says:

    今朝、新聞でこの記事を拝見しました。そして加瀬さんだけでなくお子さんの心の痛みも伝わってきて、朝から泣いてしまいました。

    私も常に加瀬さんの様に「知恵とユーモアと我慢強さ」で子供達からの突然の、そして時に非常に理不尽とも思えるトラップを寛い心で受け止めたいと思っていますが、8割は受け止められず、自分より20歳以上も年下の人間に対して感情的に怒りを思い切りぶつけてしまいます。

    そして、時間をおき後悔し子供達に謝ると、やはり子供達は「自分もごめんね!」と返してくれます。あんなに嫌な怒り方をしたにも関わらず…。
    「自分が子供の時に親にされて嫌だった事はしないようにしよう。」と思いつつ、未だに出来ていませんが、この記事を読み、私もまた今日から寛大な人間になるよう頑張ろう、と思えました。

    ご長男のお写真、どれもとても可愛らしく自然で伸び伸びしていて、加瀬さんの愛情を感じます。
    これからもお子さん達の成長、そして連載を楽しみにしています。
    暑い日が続くので、ご家族の皆さんも体調にお気をつけ下さい。そしてまた素敵な写真を見せて下さい。

    三児の母 女性 40代

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ